取り立て電話番号一覧

【注意】0120-362-633はJCBカード!至急折り返すべき理由&対処法を司法書士の卵が解説します!

ある日突然、携帯電話宛に0120-362-633から電話が来る方が急増中です。

この番号の正体はJCBカードです。最近JCBカードから本人の携帯電話宛に電話がかかってくるケースが多発しています。

ここではJCBカードから着信した時、至急折り返すべき理由と対処法を司法書士の卵が解説していきます。

めちゃくちゃわかりやすく解説していくよ!よろしくね!

0120-362-633からの電話はJCB調査デスク?着信理由とは

0120-362-633からの電話はJCB調査デスク?着信理由とは

0120-362-633の番号を持っているのはJCB調査デスクです。

つまりJCBカードやJCBのブランドの各クレジットカードをお持ちの方は、この番号から着信する可能性があります。

それぞれどのような用件で電話してきているのかについて解説していきます。

引き落としミス

一般的にJCBの引き落とし日は毎月10日です。

この時引き落としが何らかの事情でうまくいかないと、JCB調査デスクから電話が来る可能性があります。

ただし引き落とし日の翌日にすぐ電話がかかってくることはありません。なぜなら引き落としは一般的に上手くいったかどうかを確認できるのが数日後だからです。

実は結構時間かかるんだよね。

再引き落とし失敗

引き落とし口座に設定している金融機関によってはJCBが再引き落としを行うケースがあります。

振替当日に引き落としができなくても、金融機関によって

  • 平日毎日再引き落とし
  • 25日に再引き落とし

といった具合に、再引き落としがかかります。

一般的には再引き落とし日までに口座に残高が入っていれば問題なく支払いが完了します。しかし再引き落としにも失敗すると、JCB調査デスクから連日電話がかかってくることになります。

支払い遅れ

引き落とし・再引き落としも間に合わず、銀行振込入金での払いを約束していた場合・・・その約束日に振り込み入金が確認できないと、JCB調査デスクから着信があります。

この時、状況によっては今後のカード利用が制限されたり、事態を重く見られた場合は強制解約になる可能性もあります。

JCBといえばちょっとお高くとまってる感じがあるんだよね・・・ということで支払い遅れなんてありえない!みたいな雰囲気だから、結構早い段階で強制解約になったりするよ!

JCBへの返済で困っている人はここから無料相談!

JCBの長期延滞で介入してくる債権回収業者・法律事務所は?

JCBの長期延滞で介入してくる債権回収業者・法律事務所は?JCBの長期延滞が発生してしまった時、介入してくる業者があります。

債権回収業者または法律事務所です。

ここではJCBの長期延滞で介入してくる恐れのある業者について、ご紹介していきます。どちらにしても、危険な状態であることには変わりありません。裁判一歩手前といっても良いでしょう。

【全般】子浩法律事務所

まず弁護士さんから連絡がくるケースが考えられます。

JCBは子浩法律事務所というところに債権回収を委託することがあり、JCBが回収が難しいと判断した場合は子浩法律事務所の専門家から連絡がくることがあります。

この時、相手が法律事務所ということで、電話の内容は全て録音され、最悪裁判になった時に証拠として扱われることになります。

基本的にはここまで来たら、専門家の介入が必要です。

普通に考えて弁護士から電話が来たら素人じゃ太刀打ちできないもんね!

今すぐ取り立てを止めたい場合はここから無料相談!

【一部カード】ニッテレ債権回収

JCB系列の一部クレジットカードの延滞が長期に渡った場合、子浩法律事務所ではなくニッテレ債権回収という国が認めた債権回収業者から連絡がくるケースもあります。

こちらも子浩法律事務所同様に債権回収のプロ集団となります。

ニッテレ債権回収は現地訪問調査を行う権限が国から与えられており、場合によってはある日突然ご自宅までJCB関係の借金取りが訪問してくる恐れもあります。

これ、ニッテレ債権回収に限った話じゃないんだけどね・・・一応国が認めたってことになってるんだけどさ、ビシッとスーツを着た人が来るわけではないんだ。ものすごくタバコ臭い人が来たりとか、結構評判は良くないよ。

JCBの延滞・対処法は?

JCBの延滞・対処法は?JCBのクレジットカードについて延滞してしまった場合、どのような対処ができるでしょう?

額面が小さい場合は自力で返済することも不可能ではないでしょう。

しかしJCBは比較的ハイブランドなクレジットカードです。

そのため、与えられている与信枠も比較的高額なケースが多く・・・具体的に80万円以上の債務がある場合は、裁判が行われるまでの間に自力返済をすることはほぼ不可能です。

JCBが裁判を起こすまでの期間はケースバイケースです。しかし数ヶ月で裁判が起こされるケースも0ではありません。

裁判が開始されてしまうと、給料差し押さえのような強制執行を相手に許してしまうことになるよ!

よって返済期限を3年から5年に延長し、さらに返済する金額を調整して取り立てもストップできる「任意整理」という救済措置を使う方法がおすすめです。

今すぐに借金問題を解決したい人はココに相談してみて!
平柳司法書士事務所に無料で相談する≫

まとめ

まとめ
昨今の経済状態の悪化により、JCBのクレジットカード返済にお困りの方が急増中です。

少しでも返済に困った時は、まず司法書士や弁護士などの専門家に相談してみることをおすすめします。

専門家に相談することで、督促を止めることができ、無理のない返済計画を考えてくれるので、精神的にも経済的にもとても楽になるでしょう。

当サイトで紹介している事務所は、どこも相談を無料で受け付けているので、まずは一度相談をしてみてはいかがでしょうか。

他の事務所と比較してみたい人は、こちらの記事もチェックしてみてね!
債務整理におすすめの司法書士・弁護士事務所12選を見る≫

当サイトおすすめの司法書士事務所は「平栁司法書士事務所」です。

平栁司法書士事務所は、借金問題の受任件数が5,000件を越えており、経験豊富な先生やスタッフが対応してくれるので、安心して依頼することができます。

もちろん、相談は無料で受け付けていますので、ぜひ一度相談してみてくださいね!

\24時間無料相談受付中/

※手持ち0円でも解決できます
債務整理におすすめの司法書士・弁護士事務所3選
1.平柳司法書士事務所
平柳司法書士事務所_債務整理ページ
『平柳司法書士事務所』

債務整理や後払い現金化業者など闇金対応の口コミがよく、依頼している人も多い司法書士事務所です。
全国対応しているのでどこにお住まいでも依頼することができます。

評価
料金 相談料:いつでも0円
任意整理:1件あたり4万4,000円(税込)
闇金対応:1件あたり4万4,000円(税込)
営業時間 電話・メール24時間365日受付
※メールだけでも相談可能です
2.司法書士エストリーガルオフィス
司法書士法人エストリーガルオフィス
『司法書士法人エストリーガル』

エストリーガルオフィスでは、1件の借り入れでも債務整理を受け付けています。
柔軟な対応をしているので、他の事務所で断られた人でも安心して相談することができます。

評価
料金 任意整理:債務者2件まで1件あたり3万3,000円(税込)
債権者3件以降1件あたり2万2,000円(税込)
過払い成功報酬:22%(税込)
事務手数料:一律9万9,000円(税込)
営業時間 平日:9時~21時
※メール相談24時間受付
3.アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務事務所
『アヴァンス法務事務所』

アヴァンス法務事務所は、払いすぎた利息を取り戻す「過払い金請求」に力を入れている事務所です。
借入業者の書類が残っていなくても手続きをすすめてくれるので、安心して相談できます。

評価
料金 任意整理:着手金1件あたり4万4,000円/減額報酬0円/別途事務手数料
個人再生:着手金36万3,000円(税込)/実費4万円程度
自己破産:着手金22万円/成功報酬7万2,000円/実費4万円程度
営業時間 平日:9:30~21:00
土日祝:9:30~19:00
※メール相談24時間受付

もっと見る>>

今オススメの弁護士・司法書士をチェックする!