債務整理

ホスト通いでできた借金を返済する方法!

ホスト通いでできた借金を返済する方法!

ホスト通い借金は、ある意味でめちゃくちゃ相性が良い存在です。

どのくらい相性が良いかというと「ごはんに味噌汁」、「パンにガーリックバター」くらい相性が良いでしょう。

まあ鉄板よね。鉄板。
実際結構そういう相談を受ける司法書士の先生も多いみたいだしね。

つまり、ホスト通いを趣味にするとほぼ確実に借金ができてしまいます。そこで今回は、ホスト通いで出来た借金を返す方法をご紹介します。

\【債務整理に強い】当サイトで人気の司法書士3選/
ライタス綜合事務所_債務整理ページ

  1. 【迷ったらココ】司法書士法人ライタス綜合事務所
  2. →相談無料・最短即日対応・豊富な実績など借金に困ったら最初に相談したい当サイト人気NO.1の司法書士事務所(相談はこちらをタップ

  3. イーライフ司法書士法人
  4. →24時間相談可能な東京の人気事務所。5ch等の口コミ評判もかなりよく安心して依頼できる

  5. 司法書士エストリーガルオフィス
  6. →全国対応の無料ダイヤルやオンライン無料相談があり、気軽に相談できる人気事務所

\最短即日で借金減額!/

※家族バレもしっかり考慮

闇金解決に強い弁護士・司法書士事務所はこちら

ホストで借金を作ってしまう原因

ホストで借金を作ってしまう原因

ではまず、なぜホストで借金を作るのかについて解説していきます。

具体的には以下の3つの理由が大きなものとなるでしょう。

原因1:『ツケ払い』により金銭感覚が狂ってしまう

ホストクラブには、「ツケ」というシステムが存在しています。

これは簡単に言うと「後払い制度」のことを指しており、ホストクラブで飲み食いした分の支払いを先送りできるというものです。

この支払い方法は非常に便利であり、多くの方が利用しています。

しかし、その利便性の高さからお金の管理能力が低下していき、結果として多額の借金を抱え込んでしまうのです。

また、ツケ払いができるということは、それだけ信用があるということなのですが…ツケ払いに慣れてしまった人は、自分のことを「金遣いの荒い人間だなぁ…」と思うことすらなくなり、その結果として、さらに高額な金額を使ってしまって泥沼化してしまうわけですね。

このように、ホストクラブはツケ払いによって金銭感覚が麻痺してしまいやすい環境にあるため、気をつけなければなりません。

原因2:つい他の客やホストと競って高いお酒を入れてしまう

ホストクラブの楽しみ方としては、やはり「シャンパンコール」や「担当の売上アップ」などが挙げられますよね?

シャンパンコールじゃないから。シャンコだから。
なんかごめん・・・

これらは一見すると非常に楽しいものですし、実際に楽しんでいる人も多いと思います。

しかし、これらの行為も度を過ぎると大変なことになってしまいます。ホストの売上に貢献するとなると、やはりお店の地域やランクにもよりますが1晩で数十万円~数百万円単位でシャンパンを入れることになってしまったり、時には数千万円の大金をつぎ込むこともあるでしょう。

もちろん、こうした行為は店側からすれば嬉しいことですし、売上が上がることは間違いありません。

しかし、あまりにも高額なお酒ばかり入れてしまうと、当然のことながら本人が先に借金で潰れてしまいかねません。

ところが、ホスト側は「あなたのためにこんなに頑張っているんだ!」ということをアピールするために、シャンパンを入れた人にラスソンなどで特別待遇を与えたりすることもあります。

そうなるともう大変…。

こうして、どんどん深みにハマっていくわけです。そして最終的には数百万単位の借金を抱えることになり、自己破産に追い込まれる人もいます。

原因3:意志の弱い自分を受け入れてもらえる包容力に騙されてしまう

ホストは女性に対して優しい言葉をかけてくれるだけでなく、一緒に楽しく飲めるように盛り上げてくれます。

そのため、ホストとの会話に夢中になってしまい、気がつけば何十万何百万円というお金を使っているなんてこともザラにあり得ます。

しかも、ホスト側もそれを分かっていて、あえてそのような接客をしている部分もあるんですね。

そうして、いつの間にかホストに「意志の弱い自分を受け入れてもらっている」と勘違いしてしまい、借金を重ねてまで貢いでしまいがちになります。

ホストでできた借金を返済できないと発生するデメリット

ホストでできた借金を返済できないと発生するデメリット

では次に、ホストができた借金を返せない場合にどのようなリスクが発生するかを解説していきましょう。

具体的には以下の通りとなります。

なお、ここでは「カードローン業者」「ホストorホストクラブのツケ」「闇金業者等」全てから受ける可能性のあるデメリットを紹介します。

デメリット1:自宅に取り立てや嫌がらせにくる

カードローン業者以外のホスト・闇金業者は自宅まで取り立てに来る可能性が非常に高いです。

特にホストの場合は、掛け回収も仕事のうちなので、必死に追い込んでくる可能性もゼロではありません。

デメリット2:危険な仕事を紹介(強要)される

ホストの中には、いわゆる「ややこしいところ」と結託している人もいます。

彼らはツケ回収のため、女性に危険な仕事や作業を紹介し、事実上強制してでも働かせてお金を回収しようとしてくる可能性があります。

デメリット3:財産や給料を差し押さえられる

ホストで借金を作った場合、基本的に債権者は金融会社・ホスト側・闇金の3つのうちどれかになることが多い傾向にあります。

一般的に財産や給料の差し押さえは裁判を行うことで、法的に認められた行為となります。

つまり、財産や給料の差し押さえは裁判の手続きなしに行うことは原則として不可能です。

ただし、最近は比較的裁判を起こしやすい環境が整ってきているため、一定額以上の金額の滞納や延滞が発生するとどの業者であっても裁判を起こしやすいと言えるでしょう。

特に金融会社は「貸倒れ処理」などの関係もあるため、回収不能になったという証明をするためにもうすぐに裁判を起こしてくる傾向があります。

どのケースでも最終的には裁判沙汰となり、裁判所を通して強制的に債権を回収する流れになることがほとんどです。この場合、債務者側の財産は大幅に差し押さえられてしまいます。

なお給料差し押さえに関しては本人だけではなく、勤務している会社の経営者にも「第三債務者」として連絡が行きます。

よって会社バレはほぼ確実に避けられないこととなります。

任意整理を含む債務整理の対応は『司法書士法人ライタス綜合事務所』が評価されてるね!下の口コミ記事を見てみるといいよ!

ライタス綜合事務所の口コミ評判を見てみる

ホストの借金を返済するための方法

それでは最後に、ホストの借金を返済するために役立つ方法をいくつか紹介いたします。ぜひ参考にしてください。

方法1:ホスト通いをやめる

ホストクラブに通うのを辞めれば、自然とその分の支出を抑えることができます。

それにより、結果的に借金を減らすことができるはずです。

方法2:債務整理のプロである弁護士・司法書士に相談する

債務整理とは、その名の通り借金問題を解決するための手続きの総称を指しており、任意整理、個人再生、自己破産などの方法で金融業者などと交渉して債務を減額したり帳消しにする(自己破産の場合)といった内容のものとなっています。

特に債務関係に強いベテラン司法書士であれば、事情まで理解したうえで適切なアドバイスをしてくれる可能性が高いので、もし自分で解決できなさそうだと感じた場合は専門家に相談することをオススメします。

できれば担当に迷惑をかけない方法で処理したいよね・・・
まあ気持ちはわかる・・・

方法3:返済の計画を立てる

借金を返すためには、当然ながら計画的に行動しなければいけません。

上記2つの方法を取ったあと、今後の返済計画や収入のバランスも踏まえた上で、無理のない範囲で生活する方向性を決める必要があります。

まとめ

まとめ

今回はホストの借金を返済する方法について解説しました。

ホスト遊びをする際には、くれぐれも注意するように心がけてくださいね。

そしてホスト通いで作ってしまった借金は可能な限り早い段階で債務整理をして、取り立てや督促などから脱却するように行動していきたいところです。

なお、ホスト関係の借金についても安心して相談できる、相談料無料のベテラン司法書士の情報は、以下のボタンからご確認いただけます

他の事務所と比較してみたい人は、こちらの記事もチェックしてみてね!
債務整理におすすめの司法書士・弁護士事務所12選を見る≫
\【債務整理に強い】当サイトで人気の司法書士3選/
ライタス綜合事務所_債務整理ページ

  1. 【迷ったらココ】司法書士法人ライタス綜合事務所
  2. →相談無料・最短即日対応・豊富な実績など借金に困ったら最初に相談したい当サイト人気NO.1の司法書士事務所(相談はこちらをタップ

  3. イーライフ司法書士法人
  4. →24時間相談可能な東京の人気事務所。5ch等の口コミ評判もかなりよく安心して依頼できる

  5. 司法書士エストリーガルオフィス
  6. →全国対応の無料ダイヤルやオンライン無料相談があり、気軽に相談できる人気事務所

\最短即日で借金減額!/

※家族バレもしっかり考慮

闇金解決に強い弁護士・司法書士事務所はこちら

\お客様の任意整理・借金減額を最短即日で実現!/
\司法書士なら任意整理・借金減額を最短即日で実現!/
LINEor電話で司法書士に無料相談