債務整理

【最新】プロミスでの債務整理|タイミング~方法&流れまでを完全解説

【最新】プロミスでの債務整理|タイミング~方法&流れまでを完全解説

現金が必要だったのでプロミスを利用したけど、借りたお金が返しきれなくて困っているという人もいるのではないでしょうか?

プロミスからの借金を返すのが難しい場合には「債務整理」という方法があります

今回は、「債務整理」について詳しく解説していきますので参考にしてください。

今回はなんだか難しそう・・・
大丈夫!丁寧に解説していきます!

また、債務整理以外の方法についても見ていきましょう。

闇金トラブル(ソフト・LINE闇金を含む)には、民事不介入の原則から警察は動いてくれません!

最も安全に闇金問題を解決するには「闇金に強い弁護士・司法書士への相談」だけです!

弁護士・司法書士を選ぶ際には、下のポイントを確認するのがおすすめ。

  • 相談費用が0円
  • 解決費用が安く分割払いにも対応
  • 職場バレや家族バレ対策が万全
  • 最短即日対応してくれる
  • 闇金問題の解決実績が豊富

条件を満たす司法書士・弁護士事務所は下の3つです!

\【闇金解決に強い】当サイトで人気の司法書士3選/
ライタス綜合事務所_闇金対応ページ

  1. 【迷ったらココ】司法書士法人ライタス綜合事務所
  2. →相談無料・最短即日対応・豊富な実績など借金に困ったら最初に相談したい当サイト人気NO.1の司法書士事務所(相談はこちらをタップ

  3. イーライフ司法書士法人
  4. →24時間相談可能な東京の人気事務所。5ch等の口コミ評判もかなりよく安心して依頼できる事務所

  5. 街の灯法律事務所
  6. →弁護士歴が30年以上で圧倒的な経験数があり、闇金対応の実績も多数ある弁護士事務所

↓24時間無料相談受付中↓
※LINE/電話可※

※家族バレもしっかり考慮
闇金について今すぐ無料相談を活用したいときは『司法書士法人ライタス綜合事務所』への相談がおすすめよ! 実績が豊富で家族バレや職場バレもせずに安全に闇金を解決できるわ!
実は闇金被害に合っている人は少なくないんだ…だからこそ、この記事で闇金の相談先や対処法について知ってほしいんだ。

 

プロミスの借金が返しきれないなら債務整理が最適解

プロミスの借金が返しきれないなら債務整理が最適解
プロミスからの借金を返すのが難しくなってしまった場合の対応として、債務整理があります。

債務整理について解説していきましょう。
 

【基礎知識】債務整理とは

債務整理とは、借金を減らしたり、支払いを調整することで、借金問題を解決する方法のことです。

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産の3つがあります。

この3つのどれかから、一番自分の状況や希望に沿った方法を選ぶことになります。

 

任意整理

任意整理というのは、債権者と債務者が交渉を行い、無理なく完済できるように調整することです。

裁判所を介さずに解決できるため、会社や家族にバレにくい方法です。
 

個人再生

個人再生とは、裁判所に現在の借金が返済困難であることを申告し、減額や返済方法の調整を認可してもらう制度です。

借金を最大90%減額でき、残った金額を3〜5年で返済していくと言う方法も可能です。また、自己破産と異なり、財産を手元に残すことも可能です。
 

自己破産

自己破産とは、破産申請を行ない、免責許可をもらうことで借金を免除する方法です。

一部の自由財産(総額99万円)を除いて財産全てを処分する必要があります。

また、手続き中は職業制限を受けることも覚えておいて下さい。

任意整理を含む債務整理の対応は『司法書士法人ライタス綜合事務所』が評価されてるね!下の口コミ記事を見てみるといいよ!

ライタス綜合事務所の口コミ評判を見てみる
 

プロミスの借金は早めに債務整理を!その理由とは

プロミスの借金は早めに債務整理を!その理由とは
次に、プロミスの借金を早めに債務整理すべき理由を解説します。
 

債務整理の費用を工面する必要があるから

債務整理にも費用がかかるため、必要な金額を用意する必要があります。特に、個人再生や自己破産は裁判所を介するため、裁判費用もかかってしまいます。

債務整理を弁護士や司法書士といった専門家に依頼する場合は、専門家へ支払う報酬も必要となるので、さらに費用の調達が必要です。

お金のことで苦しんでいるときに、またお金がかかるなんて・・・
でも、その費用をかけただけの利点があるのが債務整理ですよ!

 

債務整理をするまで遅延損害金が増え続けてしまうから

借金を延滞している期間は、遅延損害金が発生します。

遅延損害金の金利は通常の金利よりも高い20%となっています。さらに、遅延損害金の他に通常の利息も発生します。

債務整理を迷ったまま延滞し続けると、遅延損害金がどんどん膨らんでしまうことにもなりかねません。
 

時間が経つと選択肢が狭まってしまうから

延滞期間が長くなると、プロミスに訴えられてしまうこともあります。

そうなってからでは打てる手段が限られてしまいます。

もし、プロミスからの訴えが裁判所で認められると、強制執行が行われ、給与や財産が差し押さえられてしまうのでそれは避けたいです。

 

プロミスの借金を債務整理するメリット

プロミスの借金を債務整理するメリット
次に、プロミスの借金を債務整理するメリットを紹介します。
 

【債務整理全般】借金を減額できる

債務整理を行うことで、借金を減額することができます

各方法で減額できる部分は以下の通りです。

  • 任意整理:将来の利息
  • 個人再生:借金を1/5-1/10に減らすことができる
  • 自己破産:借金を全てなくすことができる

それぞれの方法にそれぞれのメリットやデメリットがあるので、確認しておくようにしましょう。
 

【特に任意整理】家族バレずに行うことも可能

これは、債務整理全般に言えることですが、特に任意整理はバレにくいのが特徴的です。

家族に弁護士や債権者から連絡がいくことは基本的にありません。

ただし、家族が保証人になっていると連絡がいくこともあります。

任意整理をする場合、家族が保証人となっているものは整理しないという選択も可能です。

家族にはどうしても隠しておきたいことってあるよね。元カレとXXXして○○○○○って最終的に地元の先輩のXXXXX・・・・
掲載できないよ!ははは・・・

 

【任意整理・個人再生】資産を残すことができる

任意整理や個人再生というのは、住宅や自動車などの資産を手放す必要がない債務整理の方法です。

住宅ローンを債務整理の対象から外すことができます

生活の基盤となる資産を手元に残せるため、家族や日常生活への影響が小さいと言えるでしょう。
 

【自己破産】収入がない状態でも行える

自己破産は無職であっても可能です。

専業主婦や学生など、安定した収入がない場合も同様に自己破産可能です。

任意整理を含む債務整理の対応は『司法書士法人ライタス綜合事務所』が評価されてるね!下の口コミ記事を見てみるといいよ!

ライタス綜合事務所の口コミ評判を見てみる
 

プロミスの借金を債務整理するデメリット

プロミスの借金を債務整理する場合のデメリットを解説しますので参考にしてみて下さい。

やっぱりデメリットもあるんだ・・・私の元カレも顔は良いけど酒癖が・・・
そりゃあね・・・だからこそ、それぞれのデメリットをちゃんと把握しておくことが大切なんだよ。

 

【債務整理全般】費用がかかる

債務整理をする際には、裁判所を介する場合は裁判費用、専門家に依頼する場合は報酬が必要となります。

債務整理はそれぞれ下記のような費用がかかるため注意が必要です。

  • 任意整理:5〜10万円程度
  • 個人再生:35〜80万円程度
  • 自己破産:30〜100万円程度

 

【債務整理全般】ブラックリストに掲載される

債務整理を行うと信用情報機関へ登録されることになります。

この登録情報が「ブラックリスト」と呼ばれているものです。

ブラックリストへ登録されると、新たな借入・クレジットカード等の審査に通らなくなる可能性があります。

信用情報は約5年間登録されるため、このブラックリストへの登録は債務整理のデメリットの一つと言えるでしょう。
 

【任意整理】大幅な借金減額は期待できない

任意整理は、あくまでも「完済をするため」に債権者と債務者が交渉を行う制度のことです。

将来利息のカットや、返済期間の延長が認められるケースも多くあります。

毎月の返済額は下げることはできますが、借金が大幅に減額されるわけではありません。
 

【個人再生・自己破産】官報に個人情報が載る

個人再生や自己破産を行うと、官報に個人情報が掲載されることになります。

官報とは国の機関紙で、名前と住所が掲載されます。

インターネットでも公開されており、図書館でも閲覧可能です。

この官報をもとに闇金などに狙われる可能性があるのは大きなデメリットと言えるでしょう。

そういえばちょっと前、この官報のデータを利用して、自己破産した人を地図上に表示するっていうサービスがなかったかしら?
いわゆる「破産者マップ事件」だね。それ以降も類似の行為をする人が出てきていて、問題になっているんだ。

 

【自己破産】生活費を除き、すべての財産を没収される

自己破産が認められると、20万円以上の価値がある財産および99万円をこえる現金を失うことになります。

最低限の生活に必要な資産と現金を没収されるため、注意が必要です。
 

【自己破産】調停中は制限される職業や資格がある

自己破産の手続き中は、主に他人の財産や秘密を扱う職業に就くことはできなくなってしまいます

手続き完了までは、下記のような業種に就くことは制限されてしまうので注意しましょう。

  • 弁護士
  • 司法書士
  • 税理士
  • 宅地建物取引主任者
  • 警備員
  • 生命保険の外交員 など
プロミスの返済額が減らない5つの理由|今日からOKの衝撃一発解決法
プロミスの返済額が減らない5つの理由|今日からOKの衝撃一発解決法大手消費者金融のプロミス。SMBCグループということもあり、対応品質の高さやその知名度が魅力的です。利息についても大手消費者金融の水準で...

債務整理以外にプロミスの借金をどうにかする方法はある?

債務整理以外にプロミスの借金をどうにかする方法はある?

債務整理以外に借金問題を解決する方法を紹介します。
 

おまとめローンを利用する

プロミス以外にも借金がある場合、ひとつにまとめるのも有効な方法です。

借入れを1箇所にまとめることで、金利が低くなる可能性があるからです。

毎月の返済が1回になるので負担も減ります。

ひと月に何度も返済日がやってくるのって、結構負担なんです・・・

 

家族から援助を受けてお金を工面する

家族に事情を話し、援助を受けることができれば返済に充てられます

家族に内緒にしている場合は、カミングアウトには勇気がいるが、取り返しがつかなくなる前に選択肢に入れると良いでしょう。
 

仕事を増やして給料を増やす

本業とは別に、副業をするなどして収入を増やすことも、借金返済には有効です。

しかし、本業とは別に時間を確保する必要があるため、働き過ぎて体を壊さないように注意が必要です。
 

【NG】夜逃げする

夜逃げは、借金返済に困ったときに考える方法の一つと言えるでしょう。たしかに債務者の居場所が分からなければ、督促は出来なくなります。

しかし、民事訴訟は債務者の住所がわからなくても可能です。

「公示送達」は、裁判所などに掲載することで、本人に送達した時と同じ効力を生じるものです。そのため、夜逃げしても訴訟を起こされてしまうことがあります。

訴訟の敗訴が確定すると、「消滅時効の完成はそこからさらに10年後」となります。また、判決確定後に強制執行が申し立てられれば、時効は中断となってしまいます。

加えて、夜逃げでは多くの場合、今の職を失います。そのため、私生活にも大きな影響を与えることは間違いありません。

夜逃げは本当にやめてくださいね!!

 

【当サイト人気No.1】債務整理に強い司法書士事務所はこちら

まとめ

まとめ
プロミスの借金が返せない場合の対応方法について紹介しました。

債務整理の中でも、裁判所を介さずに行える任意整理がおすすめです。

任意整理をスムーズに行うためには、専門家に依頼すると良いですよ

厳選した相談料無料・報酬の支払い相談もOKな専門家のリストはこちらのボタンからご確認いただけます!

闇金の解決は司法書士や弁護士の中でも、専門性が必要なんだ! 相談前にはまずは下の記事で、闇金に強い司法書士や弁護士を確認しておこう!

闇金相談・解決に強い弁護士・司法書士14選!口コミ・費用を徹底比較

\【闇金解決に強い】当サイトで人気の司法書士3選/
ライタス綜合事務所_闇金対応ページ

  1. 【迷ったらココ】司法書士法人ライタス綜合事務所
  2. →相談無料・最短即日対応・豊富な実績など借金に困ったら最初に相談したい当サイト人気NO.1の司法書士事務所(相談はこちらをタップ

  3. イーライフ司法書士法人
  4. →24時間相談可能な東京の人気事務所。5ch等の口コミ評判もかなりよく安心して依頼できる

  5. 街の灯法律事務所
  6. →弁護士30年以上と圧倒的な経験数があり、闇金対応の実績も多数ある弁護士事務所

\24時間無料相談受付中/

※LINEで気軽に相談できます
\お客様の任意整理・借金減額を最短即日で実現!/
\司法書士なら任意整理・借金減額を最短即日で実現!/
LINEor電話で司法書士に無料相談