債務整理

【決定版】プロミスとの減額交渉方法徹底解説|成功させるコツは?

【決定版】プロミスとの減額交渉方法徹底解説|成功させるコツは?

現金が必要になったとき、プロミスで現金を調達しようと考える人もいると思います。

しかし、プロミスで借金したものの返せなくなって苦しむというパターンも増えています。

どうにかならないかしら・・・
それを今回は説明していくよ!

では、プロミスでは減額交渉は可能なのでしょうか?

今回は、プロミスの減額交渉は個人の場合でも可能なのか、任意整理などの方法についても詳しく解説します。

闇金トラブル(ソフト・LINE闇金を含む)には、民事不介入の原則から警察は動いてくれません!

最も安全に闇金問題を解決するには「闇金に強い弁護士・司法書士への相談」だけです!

弁護士・司法書士を選ぶ際には、下のポイントを確認するのがおすすめ。

  • 相談費用が0円
  • 解決費用が安く分割払いにも対応
  • 職場バレや家族バレ対策が万全
  • 最短即日対応してくれる
  • 闇金問題の解決実績が豊富

条件を満たす司法書士・弁護士事務所は下の3つです!

\【闇金解決に強い】当サイトで人気の司法書士3選/
ライタス綜合事務所_闇金対応ページ

  1. 【迷ったらココ】司法書士法人ライタス綜合事務所
  2. →相談無料・最短即日対応・豊富な実績など借金に困ったら最初に相談したい当サイト人気NO.1の司法書士事務所(相談はこちらをタップ

  3. イーライフ司法書士法人
  4. →24時間相談可能な東京の人気事務所。5ch等の口コミ評判もかなりよく安心して依頼できる事務所

  5. 街の灯法律事務所
  6. →弁護士歴が30年以上で圧倒的な経験数があり、闇金対応の実績も多数ある弁護士事務所

↓24時間無料相談受付中↓
※LINE/電話可※

※家族バレもしっかり考慮
闇金について今すぐ無料相談を活用したいときは『司法書士法人ライタス綜合事務所』への相談がおすすめよ! 実績が豊富で家族バレや職場バレもせずに安全に闇金を解決できるわ!
実は闇金被害に合っている人は少なくないんだ…だからこそ、この記事で闇金の相談先や対処法について知ってほしいんだ。

 

【疑問】プロミスの減額交渉は個人で可能?

【疑問】プロミスの減額交渉は個人で可能?
プロミスの減額交渉は、個人でも可能ですが、実際問題はほぼ不可能であると言えます。

減額交渉には、複雑な法律を含んでいる場合があり、正しい順序で、正しい手続きを踏まなければいけないからです。

自分でやるとなると、相手側との交渉も自分で行わなければならず、大変な労力やストレスがかかってしまうこともあります。

借金のことで手いっぱいの時に、そんな難しいことは個人ではなかなかできないものです・・・

 

プロミスの減額交渉は専門家へ頼むと捗る理由

プロミスの減額交渉は専門家へ頼むと捗る理由
なぜ、プロミスの減額交渉を専門家に頼むと捗るのでしょうか?その理由について解説します。
 

理由1:専門知識で対応してくれる

減額交渉は専門家に頼めば、時間も手間もかかる手続きや書類作成なども代行して行ってもらうことができます

そして、多くの経験をもとに、債務者に合った支払い計画を立てて提案し、迅速に対応してくれます。
 

理由2:法的に代理人として交渉可能

専門家に頼めば、法的に代理人として交渉してもらうことができます

自身で交渉する必要がなく、相手側と対峙するストレスがかからないというのもメリットです。

専門知識をもって、相手側と交渉に臨んでくれるので、安心して任せることができます。

いっそ、家の掃除とか洗濯とか料理も頼めないかしら?!
それはちょっと・・・

 

理由3:本人あての連絡が来なくなる

専門家へ委託すると、債務者への直接連絡はこなくなります

督促が来なくなると、それだけで心理的負担がかなり軽減されるのではないでしょうか。
 

【解説】減額交渉を頼める専門家とは

プロミスに減額交渉を頼める専門家と言えば、弁護士と司法書士です。

ただし、司法書士は1社につき140万円までしか取り扱うことができないため注意が必要です。

この「1社につき上限140万円」は忘れがちなので、気をつけて!
プロミスに返済できない!今後のリスク&対処法を経験者が徹底解説
プロミスに返済できない!今後のリスク&対処法を経験者が徹底解説プロミスにお金を借りたものの、返済ができなくなってしまった!とお困りの方もいるはずです。 もし返済できなくなってしまった場合、今後...

プロミスの借金を任意整理するメリット

プロミスの借金を任意整理するメリット
プロミスの借金を任意整理するメリットを確認しておきましょう。
 

裁判所を通さないで解決できる

任意整理は、債権者と債務者の和解交渉で行うことができます

裁判所を介さず手続きが可能なため、周囲への影響が小さく、日常の生活を送れるため安心できるというメリットがあります。
 

家族や会社に内緒にしやすい

任意整理は、債権者と債務者間の交渉のため、家族が巻き込まれずにすむというところもメリットです。

また、必要書類を会社に申請しなくて良いため、会社にバレにくく、一番バレたくない家族や会社に内緒で手続きを行うことができます
 

支払いの督促が止まる

弁護士や司法書士からの受任通知が送付されると、債権者は債務者に直接連絡ができなくなります

仮に、任意整理手続き開始後に督促状が送られてきてもその督促を無視することができるのです。

督促が止まると、心理的ストレスが軽減されるのは大きなメリットと言えるでしょう。
 

財産を維持できる

任意整理では、持っている資産については問われません。そのため、資産を手放す必要がないというメリットがあります。

また、任意整理の対象を選択することができるので、住宅ローンを任意整理の対象外とすれば自宅を手放さずに済みます

これは嬉しいわね!やっぱり家を手放すのってつらいもの!
案外これを知らなくて、任意整理を躊躇する人もいるんだ。

相談先を探している方は、下のボタンをチェックしましょう!
【当サイト人気No.1】債務整理に強い司法書士事務所はこちら

プロミスで任意整理する流れは?

プロミスで任意整理する流れは?
では次に、プロミスと任意整理を行うにはどのような流れになるのかについて解説していきます。
 

専門家への相談・依頼

まずは、弁護士や司法書士へ相談することです。

専門家に相談すれば、相談内容から選択肢を教えてくれるので、自身に合った任意整理の方法を考えることが可能です。

相談した専門家の提案(任意整理)が納得できれば委任契約を締結するという流れになります。
 

受任通知送付

専門家との契約が成立すれば、プロミスへ受任通知が送付されることになります。

プロミスが受任通知を受け取ると、債務者への直接連絡はなくなります。

この「受任通知送付」が大きなポイントなんです!

この際、専門家は交渉先に取引履歴の開示請求を実施することも可能です。
 

取引履歴の開示請求

受任通知後、 2週間〜2ヶ月程度で債権者から取引履歴が届きます
 

引き直し計算

取引履歴を元にして、利息の引き直し計算を実施していきます。

引き直し計算を実施する事で、より正確な借金総額を確認できます。

これを実施することにより、場合によっては過払い金が発生しているかどうかを確認することができます

ただし、プロミスは法廷内金利であるため、過払い金は発生していないことがほとんどです。
 

過払い金返還請求

引き直し計算を行い、過払い金が発生している場合は、専門家が過払い金返還請求を実施します。
 

和解案作成・和解交渉

過払い金返還請求などが終わったら、専門家が和解案を作成していきます。

和解案を元に和解交渉を実施しますが、この際、3年(36回)〜5年(60回)の分割払い、将来利息カットを交渉するというパターンが多く見られます

これだったら無理なく返せそう!
交渉の過程で無理ない返済を設定してもらうことが大事です。

 

合意書作成

専門家と交渉先が和解すれば、双方の間で合意書に調印することになります。
 

支払い開始

専門家から連絡を受けた後、和解内容に基づいて返済を開始していきます。この段階で、一旦ストップしていた返済が再開するということになります。
 

完済

ここまでの手続きを踏むことによって、和解内容の返済計画に基づいた分割払いで完済を目指していくという流れです。

任意整理を含む債務整理の対応は『司法書士法人ライタス綜合事務所』が評価されてるね!下の口コミ記事を見てみるといいよ!

ライタス綜合事務所の口コミ評判を見てみる
 

任意整理以外の減額交渉方法について解説

任意整理以外の減額交渉方法について解説
では、任意整理以外にはどんな減額交渉方法があるのでしょうか?解説していきます。
 

特定調停

特定調停というのは、裁判所が仲介役となり、債務者と債権者の和解の成立を支援してくれることです。

任意整理では、原則カットされるはずの調停成立までの期間の遅延損害金や、調停成立後の利息(将来利息)を支払わなければならない場合があります。

特定調停は、本人主体で手続きを行うため、書類作成や手続きがとても大変です。

また、多くの場合自分の希望通りの結果になるとは限らないということを念頭に置いておくようにしましょう。
 

個人再生

個人再生というのは、民事再生法に基づく手続きのことです。

裁判所に返済不能を申し立てることで、借金を1/5〜1/10程度に減額することができます。

個人再生をすると、原則、3年(最長5年)で返済する必要があります。自己破産と違い、財産の処分は不要です。

住宅ローンの残っている自宅を残せる住宅式特別条項もあります。

個人再生は規定が厳しく、収入があり、債務が5,000万円以下の人のみ申請可能となっています。

必要書類も大量にあるため、自分でやるには手続きがとても大変です。

こういった手続きの難しさが、減額交渉の難易度をあげているんですよね・・・

 

自己破産

自己破産というのは、裁判によって、債務を免除してもらう手続きのことです。

裁判所によって免責が許可されると、財産処分では支払いきれなかった債務の支払い義務を免除してもらえます。

20万以上の価値のある財産と99万円を超える現金を失うことになりますが、自己破産後の収入は自由に使うことができます。

しかし、保証人や連帯保証人に支払い義務が移るのが大きなデメリットです。

!!保証人や連帯保証人からしたらたまったものじゃないわ!
のちのちの人間関係も考えないとね・・・
任意整理を含む債務整理の対応は『司法書士法人ライタス綜合事務所』が評価されてるね!下の口コミ記事を見てみるといいよ!

ライタス綜合事務所の口コミ評判を見てみる

まとめ

まとめ
プロミスとの減額交渉について解説しました。

減額交渉は、個人でやるには知識も手間もかかってしまいとても難しいものです。

そのため、専門家に依頼するとスムーズに行うことができます。

減額方法の選択肢として一番良い方法は、任意整理です。

任意整理できる場合はそれが一番望ましいと言えます。

専門家が和解交渉まで行ってくれたら、和解成立後は返済計画に基づき完済を目指していきましょう

厳選した相談料無料・報酬の支払い相談もOKな専門家のリストはこちらのボタンからご確認いただけます!

闇金の解決は司法書士や弁護士の中でも、専門性が必要なんだ! 相談前にはまずは下の記事で、闇金に強い司法書士や弁護士を確認しておこう!

闇金相談・解決に強い弁護士・司法書士14選!口コミ・費用を徹底比較

\【闇金解決に強い】当サイトで人気の司法書士3選/
ライタス綜合事務所_闇金対応ページ

  1. 【迷ったらココ】司法書士法人ライタス綜合事務所
  2. →相談無料・最短即日対応・豊富な実績など借金に困ったら最初に相談したい当サイト人気NO.1の司法書士事務所(相談はこちらをタップ

  3. イーライフ司法書士法人
  4. →24時間相談可能な東京の人気事務所。5ch等の口コミ評判もかなりよく安心して依頼できる

  5. 街の灯法律事務所
  6. →弁護士30年以上と圧倒的な経験数があり、闇金対応の実績も多数ある弁護士事務所

\24時間無料相談受付中/

※LINEで気軽に相談できます
\お客様の任意整理・借金減額を最短即日で実現!/
\司法書士なら任意整理・借金減額を最短即日で実現!/
LINEor電話で司法書士に無料相談