債務整理

旦那(夫)が失業!?いますぐに金策する方法まとめ

旦那(夫)が失業!?いますぐに金策する方法まとめ

景気が非常に悪くなってきています。
いつ何が起こるかわからない時代です。

前回景気が急速に悪化したバブル崩壊直後には、銀行が経営破綻するなど色々なことがありました。

しかし今はそれよりも、経済状態を根幹から揺るがすような事態になっています。

新型ウイルス感染症感染拡大の折、何があるか本当にわかりません。

ということでいきなり旦那さんが失業したというケースも最近増えてきています。

ここではある日突然旦那さんが失業された方のため、今すぐに金策する方法をまとめました。

旦那が失業した時の金策方法まとめ

旦那が失業した時の金策方法まとめ

さて、まずは「旦那さんが失業したときの金策の方法」をまとめてご紹介していきます。

中には、スピード感を持って取り組むことが重要な方法もあります。
ぜひ、しっかりと注意深く読んだ後、実践してくださいね。

また、「これならできるかも!」というものは、なるべくすぐに行動に移してみましょう。

【基本のキ】断捨離

「断捨離」という言葉を一度は聞いたことがある、という人も多いと思います。

断捨離とは、持っているモノを「断つ」「捨てる」「離れる」という文字のままの意味です。この断捨離という手法をとると、身の回りのものを売却して即座に現金化してしまうことができます。

この断捨離で家にあるモノを現金化するにはいくつかの方法がありますのでそれぞれ細かく紹介していきます!

リサイクルショップ

不要品を買い取ってもらうところとしては、最もイメージしやすい場所がリサイクルショップではないでしょうか。
一般的な日用品や家電については、リサイクルショップに持ち込んで買い取りを依頼するのも、すぐに不要品を手放せると言う点で良い方法ですね。

古着屋で服を手放すのも同様です。

>ただし、ブランドものや貴重品と呼ばれるものについては、リサイクルショップに持ち込んでも担当のスタッフがうまく価格を査定することができない場合があります。

その場で現金が受け取れるところです。

フリマアプリ

フリマアプリ

フリマアプリに出品することによって、リサイクルショップに売却するよりも一般的には高値で買い取ってもらえることが期待できます。

なぜなら、リサイクルショップはあくまでも買い取った品物を再び販売しなければならないため、利益を抜いて買い取りを行うからです。

さらに、フリマアプリは、全国または世界中の人に対して品物を見せることができるため、高価で買い取ってくれる人が出てくる可能性も高いです。

多くの人の目に触れる機会があるので、フリマアプリには高額買い取りが期待できるというメリットがあります。

逆に、デメリットとしてはお金が手に入るまでに結構な時間がかかってしまうところが挙げられます。
出品してから、すぐに売れるかどうかは「値段設定や写真、説明の文章、出品のタイミング」など、様々な要素によって影響されますので、似た商品を出品しているユーザーの商品ページを一度見てから出品することをオススメします。

骨董屋・アンティークショップ

着物やお茶道具などは、リサイクルショップやフリマアプリよりもきちんと目利きのできる骨董商・アンティークショップに持ち込んだ方がそのモノの価値を正しく判断し、高値で買い取ってくれる可能性が高いです。

骨董屋に持ち込むことで、家に古くから伝わるお茶道具・壺・掛け軸などを高価で買い取ってもらえたという事例も多いです。

また骨董は、どれほど買い取り側が勉強しているか・販売ルートを持っているかによって値段が大きく異なることもあります。

例えば、リサイクルショップで「5000円で買い取りいたします」と言われた掛け軸が、別の骨董屋に持ち込んだ瞬間に、30万円の査定がついたというケースもあるほどです。

失業保険の申請

失業保険の申請

失業する前の対策になりますが、失業保険は必ず申請しておくことが重要です。

これは失業してしまった旦那さんが行わなくてはならない事務手続きではあるものの、書類手続きやその関係の作業は苦手という人もいて、

中には失業保険の申請をズルズルとやらないまま過ごしている人も多くいることでしょう。

そうなってしまっては肝心なときに保険の適用を受けられなくて困ってしまいますので、

後悔する前に、必ず夫婦で連帯して失業保険の申請を行うようにしておきたいところです。

生活福祉資金貸付制度の利用

失業時のお金を準備する方法として、生活福祉資金貸付制度を利用するという考え方もあります。

具体的には、緊急小口資金と生活総合支援資金の2つの使用用途があります。
緊急小口資金の場合は、速ければ一週間程度で上限20万円まで受け取れることもできます。

ただし緊急小口資金はあくまでも貸付なので、返済の必要があることは絶対に忘れてはなりません。

その一方でCICやJICCなどの個人信用情報機関に登録されている情報はノーチェックなのでこちらはブラックでも借り入れが可能となります。

各種支払いで困っている人はここから無料相談!

残った債務(借金)はどうしたらいいの?

残った債務(借金)はどうしたらいいの?

様々な手を尽くしてもなお、金策した後に残ってしまった債務についてはどうすれば解決できるでしょうか。

ここからは、残った債務に対して、具体的に取れる方策についてまとめてみました。

返済猶予を申し出る

まずはカードの業者やクレジットカード会社に事情を説明して返済猶予を申し出るという方法があります。

しかし、クレジットカードやカードローン会社は基本的には返済猶予をすることがあまりないということも知っておいた方が良いでしょう。

どちらかと言うと銀行の貸付や教育ローンの類などがまだ返済猶予の話に耳を傾けてくれる傾向にあります。

住宅ローンについても同様で、返済相談という形で返済猶予を申し出ればある程度の猶予の延長はできます。

ただし、基本的には住宅ローンもさほど返済猶予の期間は伸びないと思った方が賢明です。

借り換えを使う

信用情報にまだ余力があれば、借り換えを行い、借金を一本化するという方法も有力な手です。

借り換えによって、利息がカットできたり毎月の支払額を大幅に減額できたりする、といったメリットが期待できるケースもあります。

しかし、個人信用情報がブラックだと借り換えができないケースが多いため、あくまでも個人信用情報に余力・余裕がある人向けの方法であることは念頭に置いておいてください。

早めに任意整理する

ブラックOKな方法として、早めに任意整理をするという方法があります。

例えば、住宅ローンの返済中などで持ち家がある場合は自己破産をすることができませんよね。

正確には、自己破産をすると持ち家が没収されてしまう恐れもあるなどリスクが大きすぎて決断できない人が多いのです。

しかし、任意整理の場合はあくまでも整理する相手の業者を任意に選んで、代理人司法書士や弁護士が交渉することが可能です。

よって、住宅ローンは返済し続けてカードローンやキャッシングを一つずつ整理していくといったこともできちゃうんです。

早めの任意整理により、持ち家を失わずに債務整理するという選択肢もあるので参考にしてみてください。

まとめ

まとめ

旦那さんが失業してしまった時、パートナーとしては今すぐに金策をして家を守るという方法をとっていかなくてはなりません。

今回ご紹介したようにまずは断捨離などを行い、お金を用意し、その後失業保険の申請や各種公的貸付制度を利用するなど生活を守れるようにしていきましょう。

また今後の見通しが厳しい場合は、早めに任意整理をするなど対策をとることが求められます。

法的措置や債務整理の相談先はココがオススメ!24時間相談料無料で対応してくれるよ!
平柳司法書士事務所に無料で相談する≫

\24時間無料相談受付中/

※手持ち0円でも解決できます
債務整理におすすめの司法書士・弁護士事務所3選
1.平柳司法書士事務所
平柳司法書士事務所_債務整理ページ
『平柳司法書士事務所』

債務整理や後払い現金化業者など闇金対応の口コミがよく、依頼している人も多い司法書士事務所です。
全国対応しているのでどこにお住まいでも依頼することができます。

評価
料金 相談料:いつでも0円
任意整理:1件あたり4万4,000円(税込)
闇金対応:1件あたり4万4,000円(税込)
営業時間 電話・メール24時間365日受付
※メールだけでも相談可能です
2.司法書士エストリーガルオフィス
司法書士法人エストリーガルオフィス
『司法書士法人エストリーガル』

エストリーガルオフィスでは、1件の借り入れでも債務整理を受け付けています。
柔軟な対応をしているので、他の事務所で断られた人でも安心して相談することができます。

評価
料金 任意整理:債務者2件まで1件あたり3万3,000円(税込)
債権者3件以降1件あたり2万2,000円(税込)
過払い成功報酬:22%(税込)
事務手数料:一律9万9,000円(税込)
営業時間 平日:9時~21時
※メール相談24時間受付
3.アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務事務所
『アヴァンス法務事務所』

アヴァンス法務事務所は、払いすぎた利息を取り戻す「過払い金請求」に力を入れている事務所です。
借入業者の書類が残っていなくても手続きをすすめてくれるので、安心して相談できます。

評価
料金 任意整理:着手金1件あたり4万4,000円/減額報酬0円/別途事務手数料
個人再生:着手金36万3,000円(税込)/実費4万円程度
自己破産:着手金22万円/成功報酬7万2,000円/実費4万円程度
営業時間 平日:9:30~21:00
土日祝:9:30~19:00
※メール相談24時間受付

もっと見る>>

今オススメの弁護士・司法書士をチェックする!