債務整理

【お金がない!】実家に支援を頼む(お金を借りる)時の頼み方とは

【お金がない!】実家に支援を頼む(お金を借りる)時の頼み方とは

最近、様々な経済状態の悪化でシンプルにお金がないという女性の方が急増中です。

お金がない時、カードローンやクレジットカードを使ってしのごうにも・・・こんな時に限って枠がパンパンで使えない!というケースもあります。

そんな時は最終手段・リーサルウェポンとして・・・実家に支援を頼む(お金を借りる)という方法もあります。

とは言え実家にお金なんて借りたことがない!という人も多いため、ここでは実家に支援を頼む時の頼み方や注意したいポイントについてまとめてみました。

もちろん実家との関係的なアレで、お金が借りられないという人もいるよね。でも、ここではチャレンジしたこともない!という人のための情報を提供するよ。

実家にお金を借りる方法&流れ

実家にお金を借りる方法&流れ

実家にお金を借りる方法や流れについて解説します。

当サイトに寄せられている体験談や情報提供者の方からのメールなどによると、いきなりお金を貸してというよりはステップを踏んだ方が成功率が上がる傾向にあります。

まずは流れを確認していきましょう。

STEP1:実家の「誰」に相談するか考える

誰に相談するかを考えましょう。

というのも実家と一言に言っても父や母、兄や姉妹や弟など様々な人がいます。

中には祖父母というケースもあるでしょう。

相手によって難易度が変わってきたり話の流れが大きく変化するので、まず誰に相談するか、誰に相談することでよい結果が得られそうかをシュミレーションしておくべきです。

STEP2:まずは連絡してみる

まずは連絡してみる
まずはLINEでもいいので連絡してみましょう。

ただし最近は離れて暮らしていてなかなか実家に帰れていないというケースも多くあります。

ということで、LINEで難しければビデオ通話などで顔を見せながら連絡してみた方が良いケースもあります。

ただし、オレオレ詐欺を警戒されるケースもあるので要注意です。

STEP3:(必要に応じて)本題前にジャブを打つ

必要に応じて本題に入る前にジャブを打った方が良いでしょう。

というのも連絡して開口一発お金を貸してではやはり心象が悪く相手方も警戒してしまうので、なかなか話に入って行きづらいところがあるためです。

情報提供者の方の多くは本題に入る前にジャブを打ったり近況報告をするなど、まず話をしやすい状況をつくるケースが多くありました。

STEP4:本題&相談

STEP4:本題&相談
ここでようやく本題に入ります。

相談をしつつお金を貸して欲しいということを端的かつシンプルに伝えるようにしましょう。

この時明らかな嘘は相手から疑われてしまうのでやめたほうが無難です。

また、お金を借りる理由についても正直に話しておくことで最終的に許可が得られやすいという側面もあります。

STEP5:借りる際の流れを取り決める

借りる際の流れを取り決める
許可がおりたら借りる際の流れについて取り決めておくことになります。

一般的なカードローンやキャッシングの場合は振り込みやATMでお金を引き出すなど様々な選択肢があります。

しかし相手は実家であり貸付に慣れている人たちではありません。

よって、借用書を家族であっても書く必要があったり直接取りに行くことが求められるなど様々な条件がつくケースも多いでしょう。

多くの場合はすぐに振り込んでもらえるケースが多いものの、振り込んでもらう先の口座が引き落とし状態になっていると意味がないなど色々なことが考えられます。

STEP6:借り入れ成功

成功するとお金が手に入ります。

ただしこれは家族から借りたお金であり返済はもちろんのことです。

基本的にカードローンのような増枠もないと思ってよいでしょう。

各種支払いで困っている人はここから無料相談!

実家からお金を借りる時の注意点

怒られるケースは非常に多い

続いて、実家からお金を借りるときに注意したいポイントをまとめておきました。

ぜひ参考にしてください。

怒られるケースは非常に多い

怒られるケースは非常に多くあります。

多くの場合、まず説教が一発か二発入ることは覚悟した方が良いでしょう。

債務額はある程度正確に

今の債務額を聞かれることがあります。

これも多重債務者あるあるで少なめに申告してしまう傾向にあるのですが、基本的には正確に伝えておいた方が良いでしょう。

後からトラブルになった時に信用まで失ってしまう恐れがあるためです。

お金の用途を明確にする

借りたお金はどんな用途に使うか明確にしておきましょう。

可能なことであれば生活費や仕事がない間のつなぎなどとふわっとしたものではなく、債務整理費用に当てるなど何かしらの明確な用途があった方がお金を貸してもらいやすい傾向にあります。

これは家族もずるずると貸してくれと言われ続けるのではないかという心理が働くためです。

【豆知識】債務整理費用なら貸してくれる親が多い

実は、債務整理費用だったら貸してくれるという親御さんが多いことをご存知でしょうか。

というのも生活費や今後のつなぎ資金としてなどとふわっとしたことを言われると、先ほど紹介した通り今後もお金を無心されることが続くと警戒した親が「お金はあるのに貸してくれない」といった行動に出るパターンがあるためです。

しかし債務整理費用ということにしてしまえば、まずそこで借金問題が片付くという心理が働くため、お金を貸してくれるケースもあるのです。

まとめ

まとめ

今回は実家にお金の面で支援を頼む時の頼み方の流れをまとめました。

特に最近はオレオレ詐欺を筆頭とする特殊詐欺が流行していることもあり、電話一本ですぐに貸してくれるケースはあまりないと言ってよいでしょう。

信頼してもらうため、ビデオ通話を使ったり、可能であれば直接頼みに行くなど相手方がまず余計なところで気を使わないように調整するのが重要です。

借金の返済に困っている方は、支援を受けたお金を返済に充てるのではなく、任意整理などの費用に充てることを考えましょう。

弁護士や司法書士に相談することで、督促を止めることができますので、まずは一度相談してみてくださいね。

法的措置や債務整理の相談先はココがオススメ!24時間相談料無料で対応してくれるよ!
平柳司法書士事務所に無料で相談する≫

\24時間無料相談受付中/

※手持ち0円でも解決できます
債務整理におすすめの司法書士・弁護士事務所3選
1.平柳司法書士事務所
平柳司法書士事務所_債務整理ページ
『平柳司法書士事務所』

債務整理や後払い現金化業者など闇金対応の口コミがよく、依頼している人も多い司法書士事務所です。
全国対応しているのでどこにお住まいでも依頼することができます。

評価
料金 相談料:いつでも0円
任意整理:1件あたり4万4,000円(税込)
闇金対応:1件あたり4万4,000円(税込)
営業時間 電話・メール24時間365日受付
※メールだけでも相談可能です
2.司法書士エストリーガルオフィス
司法書士法人エストリーガルオフィス
『司法書士法人エストリーガル』

エストリーガルオフィスでは、1件の借り入れでも債務整理を受け付けています。
柔軟な対応をしているので、他の事務所で断られた人でも安心して相談することができます。

評価
料金 任意整理:債務者2件まで1件あたり3万3,000円(税込)
債権者3件以降1件あたり2万2,000円(税込)
過払い成功報酬:22%(税込)
事務手数料:一律9万9,000円(税込)
営業時間 平日:9時~21時
※メール相談24時間受付
3.アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務事務所
『アヴァンス法務事務所』

アヴァンス法務事務所は、払いすぎた利息を取り戻す「過払い金請求」に力を入れている事務所です。
借入業者の書類が残っていなくても手続きをすすめてくれるので、安心して相談できます。

評価
料金 任意整理:着手金1件あたり4万4,000円/減額報酬0円/別途事務手数料
個人再生:着手金36万3,000円(税込)/実費4万円程度
自己破産:着手金22万円/成功報酬7万2,000円/実費4万円程度
営業時間 平日:9:30~21:00
土日祝:9:30~19:00
※メール相談24時間受付

もっと見る>>

今オススメの弁護士・司法書士をチェックする!