借金コラム

【フリーランスあるある】取引先の未払い発生!回収の方法&各種支払の対処法~後編~

先日ご紹介した、フリーランスが取引先からの未払を回収する記事の後編です。

まだ前編をご覧になっていない方は、先に前編をご覧いただいてからの方がより理解しやすいでしょう。

【フリーランスあるある】取引先の未払い発生!回収の方法&各種支払の対処法~前編~最近は風の時代という新しい言葉も出てきている中で、就職先に囚われない生き方をされる女性の方も増えてきました。 そんな新しい時代の働...

ここでは取引先の未払いについて、もう一歩踏み込んだ回収方法や、そもそもフリーランスの方が各種公共料金や携帯電話料金などの支払いを延期させる方法をご紹介していきます。

取引先との未払い!回収の方法〜訴訟編〜

取引先との未払い!回収の方法〜訴訟編〜取引先との未払いは、平和的に解決できるのが一番です。

しかし、残念ながらそうならないケースが年々増加傾向にあると言わざるを得ません。

特にフリーランスを使い倒してナンボ!と考えている悪質なクライアントも多くなってきていることから、最悪の場合は訴訟も視野に入れて戦っていく必要があります。

ここでは訴訟に関連した取引先からの未払回収方法をご紹介していきます。

司法書士または弁護士に相談

取引先に対する法的措置を検討している場合には、専門家である司法書士または弁護士に相談するのが重要です。

専門家が介入することによって、物事がすべてスムーズに進むケースも多数あります。

取引先に対する精神的なインパクトを与えることもできます。

また、専門家に相談して介入してもらうことにより訴訟までワンストップで対応してもらえるケースもあります。

当サイトおすすめの司法書士事務所はこちら!

結果的に回収できる確率は大幅にアップするよ!
相手の事務所でバット振り回すよりも?
毎回、可愛い顔してすごいこと言うよね

支払督促

支払督促の手続きに踏み切る方法もあります。

支払督促とは、代金の未払いなどの事案を対象として、書類審査だけで、裁判所が相手に対して支払い命令を出してくれる制度のことです。

この方法は相手が特に争う姿勢を見せていない場合に使える方法です。

例えば相手が支払う意思は見せているものの、なかなか先延ばしにして応じてくれない場合などに使える方法として考えてよいでしょう。

相手に対して法的な措置を起こすなら、支払督促が一番最初になるかなあ。

少額訴訟

少額訴訟支払督促では効力が足りないと考えられる場合、少額訴訟を起こしてしまう方法もあります。

少額訴訟とは、60万円以下の金銭の支払いを求める場合に限って利用することができる簡易裁判所の制度のことです。

金額的に求めるお金が60万円以下であれば、少額訴訟で良いでしょう。ただし相手に争いの火種がある場合は訴訟に発展する可能性が極めて高いことから、あまりお勧めできない方法でもあります。

通常訴訟

支払督促や少額訴訟以外の通常訴訟を提起する方法もあります。

請求額が140万円以下の場合には簡易裁判所、140万円を超える場合には地方裁判所が管轄します。解決するまでには、半年から1年くらいの期間が必要になるため長期戦を覚悟しなければなりません。

そんな長期になっちゃったら面倒よね!相手を〇〇〇してXXXすれば・・・
ねえどうしちゃったの?そんなキャラじゃなかったよね?

任意整理を得意とするおすすめの司法書士事務所はこちら!

取引先との未払い!各種支払の対処法

取引先との未払い!各種支払の対処法取引先からの未払いが発生すると当然ながら、ご自身の支払いもうまくいかなくなります。

ここでは携帯電話料金や各種公共料金など、ご自身が払わなければならない各種支払いへの対処法についてご紹介していきます。

最初にお伝えしておくポイントとしては、とにかく何も言わずにブッチすることがNGです。必ず事情を説明するなり相手と交渉するようにしましょう。

各種支払いで困っている人はここから無料相談!

各種公共料金

まずは公共料金関係には最初に連絡をしておきます。

支払いできない理由を直接連絡し、次に支払える期日を指定しておけば一旦は各種ライフラインが止まることはないと考えてよいでしょう。

公共料金はライフラインです。よほどの長期延滞・滞納にならない限り強制解約やライフラインの停止には至りません。

ただしガン無視すると普通に止まるよ!

携帯電話料金

携帯電話料金については民間の事業者が運営していることもあり、やや対処が必要です。

一般的には通常の支払い期日から1週間~2週間程度で督促状が届くことになります。

この督促状が届いてから2週間程度で利用停止のお知らせが届き、それでも支払えなければ最終的に利用停止または回線の停止となります。

一般的には理由を伝えて支払いを待ってもらう方法が取れます。

新型コロナウイルス感染症の影響で支払いが遅れている場合は、一律して支払い期限を延長してもらえる可能性があります。まずは申し出て確認をしてみましょう。

クレジットカード

支払い方法を変更してみましょう。

場合によってはリボまた分割払いに変更できる可能性があります。

これにより一括払いで支払うべき金額を大幅にダウンさせられる可能性もあります。

それが難しい場合はクレジットカード会社に事情を説明して、分割やリボ払いに変更できないか電話ベースで相談してみましょう。

家賃の支払い

支払えない旨を大家さん・管理会社に連絡してみましょう。支払い目処がたったら支払うことを約束することが重要です。または、分割支払いができないか相談してみるのも一つの方法です。

まとめ

まとめフリーランスはある意味で取引先との戦いの連続とも言えます。

とにかく会社勤めとは異なり、資金繰り関係や入出金関係でトラブルになるケースが多いのです。

ここでご紹介したように未払の回収もまた、フリーランスの仕事と言わざるを得ません。前編の記事と合わせて取引先との戦い方について学んでいきましょう。

法的措置や債務整理の相談先はココがオススメ!24時間相談料無料で対応してくれるよ!
平柳司法書士事務所に無料で相談する≫

\24時間無料相談受付中/

※手持ち0円でも解決できます
債務整理におすすめの司法書士・弁護士事務所3選
1.平柳司法書士事務所
平柳司法書士事務所_債務整理ページ
『平柳司法書士事務所』

債務整理や後払い現金化業者など闇金対応の口コミがよく、依頼している人も多い司法書士事務所です。
全国対応しているのでどこにお住まいでも依頼することができます。

評価
料金 相談料:いつでも0円
任意整理:1件あたり4万4,000円(税込)
闇金対応:1件あたり4万4,000円(税込)
営業時間 電話・メール24時間365日受付
※メールだけでも相談可能です
2.司法書士エストリーガルオフィス
司法書士法人エストリーガルオフィス
『司法書士法人エストリーガル』

エストリーガルオフィスでは、1件の借り入れでも債務整理を受け付けています。
柔軟な対応をしているので、他の事務所で断られた人でも安心して相談することができます。

評価
料金 任意整理:債務者2件まで1件あたり3万3,000円(税込)
債権者3件以降1件あたり2万2,000円(税込)
過払い成功報酬:22%(税込)
事務手数料:一律9万9,000円(税込)
営業時間 平日:9時~21時
※メール相談24時間受付
3.アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務事務所
『アヴァンス法務事務所』

アヴァンス法務事務所は、払いすぎた利息を取り戻す「過払い金請求」に力を入れている事務所です。
借入業者の書類が残っていなくても手続きをすすめてくれるので、安心して相談できます。

評価
料金 任意整理:着手金1件あたり4万4,000円/減額報酬0円/別途事務手数料
個人再生:着手金36万3,000円(税込)/実費4万円程度
自己破産:着手金22万円/成功報酬7万2,000円/実費4万円程度
営業時間 平日:9:30~21:00
土日祝:9:30~19:00
※メール相談24時間受付

もっと見る>>

今オススメの弁護士・司法書士をチェックする!