債務整理

アイフルの返済額が減らない&終わらない!理由&解決法を分かりやすく解説

アイフルの返済額が減らない&終わらない!理由&解決法を分かりやすく解説

アイフルでの返済額がなかなか減らないことにお悩みではありませんか?

消費者金融のアイフルはCMなどでもおなじみの大手消費者金融で、借入をしているという方も実は結構いらっしゃいます。

もちろん、話題が話題だけに自分が借りている業者を公言することはまずないでしょう。

こしかし、多くの方がアイフルから借り入れをして、その返済額が減らないことに悩まれています。

今回は、そんな悩みに対して今すぐ実践できる対処法について解説していきます。
少しでも参考になれば幸いです。
債務整理の無料相談はここがオススメ!

 

【最新】アイフルの返済額を減らす方法まとめ

【最新】アイフルの返済額を減らす方法まとめ
それでは早速アイフルの返済額を減らす方法をいくつかの方法でピックアップしていきます。

実践できそうなものから試していきましょう。
 

毎月の返済額を上げる

まず1つ目は返済額を上げること。

1回の負担額を上げることで短期間での返済が可能になり、利息の支払いも最低限で済むというシンプルな仕組みです。

例えばアイフルは契約極度額内で自由に返済や借入が繰り返せるようになっているため、毎月の返済額を引き上げることもまた、自由に可能となります。例えば以下のような方法で毎月の返済に回せる金額を増やしてみるという考え方もあります。
 

節約する

月並みな方法ですが、節約するという方法があります。

ただ返済額を上げても生活が苦しくなるだけだったり、そもそも返済額を上げられるほどお金に余裕がないというケースがほとんどでしょう。

ということで新たに収入を生み出すよりも簡単なのが、日頃かかってくる費用を節約することです。

お金を1円節約するということは1円儲けたのと同じこと!
すごい、今回ちょっとライトな借金持ちさんへ向けた記事だからか、ネコかぶってる・・・
通常営業です☆

ということで、そんな時にまず一番にしてほしいのが固定費の見直しです。

例えば外食を減らして作り置きを増やしてみたり、家賃の低いところに引っ越してみるなどは非常に有効な方法でしょう。

その他携帯電話を格安プランに変えたり、保険料を見直すなども一つのオススメポイントとなります。

 

仕事を増やす

単純に収入を増やすため、仕事を増やしてみるのも一つの方法です。今や副業は当たり前になりつつある時代です。よって、ダブルワークで返済に回せるお金を増やすのも解決への近道です。

とはいっても本業との両立は簡単ではありません。それが原因で体調を崩すということになれば元も子もありません。無理のない範囲で実行してみましょう
 

断捨離してお金を作る

Wワークよりかは比較的簡単な方法です。

例えば手持ちのバッグやコスメ、その他不用品を断捨離してフリマアプリに出品することでお金を作る方法があります。この方法は長期的に実践できる方法では確かにありません。

しかし、借金を少しでも減らすならこの方法を一つ、取り入れてみて良いでしょう。少しでも高く手放すなら、フリマアプリを駆使するのがオススメです。

ただベースはあくまでも断捨離。大きな収入は見込めないのが現実なんだ。

 

利息交渉を頑張ってみる

2つ目は利息交渉をしてみること。
具体的な方法をピックアップして解説していきます。
 

【逆張り】借入総額を上げる

あえて借入総額をあげてしまうという方法もあります。

利息は借入額が少ないほど高額になるため、その逆を突く方法となります。

借入額を上げれば利息は下がる・・・そういうことね!
普段ヤカラみたいなことばっかりいってるのに・・・今日ホントどうしたの??
いっつもこんな感じです♪

一般的な消費者金融の場合利息制限法という法律で利息上限が定められています。利息制限法における基準は以下の通りです。

〈利息制限法における基準〉
・借入元本10万円未満→年利上限20%
・借入元本10万円以上100万円未満→年利上限18%
・借入元本100万円以上→年利上限15%

こちらをご覧いただければお分かりの通り、例えば借入が10万円未満の場合・・・年利の上限は20%に。

多くの場合、審査の状況に応じて利息が決まりますが、基本的に若干信用情報に傷がある方や審査に問題のある方は上限の20%での契約になることが多い印象です。

ということで、これを例えば30万円に引き上げると上限が最低でも18%に減ります。

ということで18%での契約に切り替えて利息を2%削減するという方法も、できないことではないのです。
 

アイフルと直接交渉してみる

アイフルと直接交渉して金利を引き下げてもらうという方法もあります。可能性はゼロではありません。

しかしアイフルはもともと由緒正しいサラ金と呼ばれており、過去には厳しい取り立てのせいで全店舗営業停止の行政処分を受けたこともあるなど、その体質は若干ホラーなところがあります。

ということで直接交渉した結果、強制解約になってしまうリスクもあります。

交渉に自信のある方は、選択肢の一つとしておきましょう。

なお女性向けローン「SuLaLi」については原則として限度額が10万円で固定されているため、この方法は利用できません。

 

おまとめローンを使う

複数での借入をまとめ、一本化することもできます。おまとめローンなどと呼ばれます。

これはおまとめという名の通り、2つの業者以上で借入がある方が対象です。

例えばアイフルとプロミスから借りていて借金を一本化したい時には、おまとめローンを使うことができる・・・といったイメージです。

なお、おまとめローンは総量規制の例外貸付となることから現在、アイフルとプロミスで年収の1/3以上のお金を借りている場合でも審査に通過できる可能性は十分にあります。

借金を一つにすることで一般的には金利が下がったり、または返済のタイミングが月一回になるなど利益を受けられるケースもあります。

借金問題はイーライフ司法書士法人への相談がオススメ!24時間相談料は無料だよ!

 

【オススメ】専門家に交渉してもらう

1番のオススメ方法です。
自分で直接交渉は取り合ってもらえない可能性が高い+かなりの労力がかかるため、返済意思があるなら専門家に任意整理を依頼してみる方法があります。

オススメの司法書士・弁護士のリストは当サイトに掲載中! 今すぐイーライフ司法書士法人に無料で相談してみる
【2021年最新版】債務整理とは?5つの種類とメリットデメリットをわかりやすく解説!
【2022年最新版】債務整理とは?5つの種類とメリットデメリットを解説!「債務整理」という言葉を耳にしたことがあると思いますが、一体何なのか詳しく知っていますか。債務整理は概念的なものであり、その中には様々な方法が内包されています。ここでは任意整理や特定調停など債務整理で行われることについて説明します。...
 

アイフルの返済額が減らない理由

アイフルの返済額が減らない理由
そもそも、何故アイフルの返済額はなかなか減ってくれないの?という疑問もあるでしょう。

ここではその理由について解説していきます。
 

利息が高いから

まずは1番の理由とも言える利息の高さ

返済が長期化することで知らぬ間に膨れ上がってしまう、、、これがアイフルの返済額があまり減らない理由の一つです。

借り入れ金額に対する実質年率の条件については以下の通りです。

多くの場合、実質年率上限近くでの契約になるため、ほぼこの表どおりと思ってください。

借入金額 実質年率
50万円以下 18.00%
100万円以上300万円以下 15.00%
300万円以上800万円以下 12.00%

 

増枠の誘いが多いから

「追加で貸してあげる」と誘われれば「また返せばいいや」とついつい借りてしまう可能性大ですよね。

アイフルは同枠の誘いが特に多い金融業者のひとつです。一定期間、通常通りのサイクルで返済していて他の業者での借り入れも特にない場合、こういったお誘いがかかることがあります。

借入を増やさない為にも強い意志が必要です。
 

ATM返済だと手数料がかかるから

引き落としに間に合わない場合、コンビニATMから返済するケースもありますよね。

この場合、ATM手数料がかかります。一回数百円だとしても、毎回となると結構な出費に。ただでさえ元本と利息で大変なのに、さらに手数料となると厳しいものがあります。
 

最低返済額だと元金がほぼ減らないから

契約した際に、毎月の返済額が「最低返済額」として指定されることとなります。

この返済金額は最低返済額というだけあって、この金額さえ滞納しなければまず問題はありません。

しかし、これでは元本が一向に減っていかない仕組みになっています。よって

→支払いが長期化→利息が膨れ上がる→さらに苦しくなる

という図式が成り立ってしまいます。そのため最低返済額での継続的な返済はおすすめできません。

今月だけはピンチ、、、という場合には、最低返済額でも無理せず最低返済額でもOKだけどね!

 

今すぐイーライフ司法書士法人に無料で相談してみる

まとめ

まとめ
今回は、アイフルでの返済額が減らない理由とその対処法について解説しました。

節約やWワークで立て直せればもちろんそれが良いですが、そう簡単にはいかないという方も多いのではないでしょうか。

やはりそんな時にオススメしたいのは司法書士(又は弁護士)に頼ること!

専門的な知識を持った人に頼ることで負担も軽減できます。ひとりで悩むより断然良いです。

まずは勇気を出して相談することから始めましょう。

他の事務所と比較してみたい人は、こちらの記事もチェックしてみてね!
債務整理におすすめの司法書士・弁護士事務所12選を見る≫

\24時間無料相談受付中/

※手持ち0円でも解決できます
債務整理におすすめの司法書士・弁護士事務所3選
1.イーライフ司法書士法人(旧平柳司法書士)
イーライフ司法書士法人_債務整理
『イーライフ司法書士法人』

債務整理や後払い現金化などの闇金にも対応している、当サイト相談実績No.1の司法書士事務所。
全国対応しているので地方にお住まいの方でも気軽に依頼することができます。

評価
料金 相談費用:0円
任意整理:1件あたり4万4,000円(税込)
闇金対応:1件あたり4万4,000円(税込)
営業時間 24時間365日受付
電話番号 0120-059-021
※LINEで相談可能
2.司法書士エストリーガルオフィス
司法書士法人エストリーガルオフィス
『司法書士法人エストリーガル』

エストリーガルオフィスでは、1件の借り入れでも債務整理を受け付けています。
柔軟な対応をしているので、他の事務所で断られた人でも安心して相談することができます。

評価
料金 任意整理:債務者2件まで1件あたり3万3,000円(税込)
債権者3件以降1件あたり2万2,000円(税込)
過払い成功報酬:22%(税込)
事務手数料:一律9万9,000円(税込)
営業時間 平日:9時~21時
※メール相談24時間受付
電話番号 0120-792-647
3.アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務事務所
『アヴァンス法務事務所』

アヴァンス法務事務所は、払いすぎた利息を取り戻す「過払い金請求」に力を入れている事務所です。
借入業者の書類が残っていなくても手続きをすすめてくれるので、安心して相談できます。

評価
料金 任意整理:着手金1件あたり4万4,000円/減額報酬0円/別途事務手数料
個人再生:着手金36万3,000円(税込)/実費4万円程度
自己破産:着手金22万円/成功報酬7万2,000円/実費4万円程度
営業時間 平日:9:30~21:00
土日祝:9:30~19:00
※メール相談24時間受付

相談先をもっと見る>>

\お客様の任意整理・借金減額を最短即日で実現!/
\司法書士なら任意整理・借金減額を最短即日で実現!/
LINEor電話で司法書士に無料相談