借金コラム

借金踏み倒しに時効はある?詳しい手続きについても紹介

借金の帳消しに出来れば、人生もっと楽になるのにね…
借金は時効になると返済しなくてもよくなるんだよ。
今回はそんな借金の時効について詳しく説明するね!

借金の踏み倒しは法的に可能?

借金を踏み倒すことは法的に可能なのでしょうか。

普通に踏み倒すだけだと取り立てから逃げ続けることになるので、ツラい一生を過ごしてしまうことになるでしょう。

ここでは、借金を合法的に踏み倒するために重要なポイントについて解説していきます。

借金の踏み倒しは時効がカギ

借金の踏み倒しを達成するためには、借金に関わる時効について理解しておくのがキーポイントです。

貸主が債務者に対して返済の請求をせずに一定の期間がすぎた場合、時効が成立し債務者の返済の義務がなくなります。

時効が成立した時点で手続き行う必要がありますが、基本的には時効になるまで逃げ切ることができれば借金は踏み倒すことが可能です。

時効について細かな規定はありますが、基本的には消費者金融などの貸金業者からの借り入れの場合は、5年で時効になります

これだけの期間にわたって逃げ切るのは決して簡単なことではありませんが、やる気になれば借金を踏み倒せないわけではないのです。

細かな規定ってどんなものがあるの?
個人間での取引や公的機関からの借り入れの場合の時効は10年っていう決まりがあったんだ。
でも、2020年4月以降は一律で5年に変更になったんだよ。

踏み倒して時効にするのが難しい理由

実際に、時効で借金を踏み倒すのは困難で、中断されて時効が延びたり、振り出しに戻ったりする可能性があります。

また、巧妙に取り立てる方法も存在するので基本的には難しいと考えましょう。

ここでは時効で逃げ切るのを困難にしている二つのポイントを紹介します。

債務の承認

借金の踏み倒しを難しくしている理由として「債務の承認」が挙げられます。

債務の承認っていうのはどんな仕組みなの?
時効成立の時期になったとしても、借金を一部でも返済してしまうと債務を認めたことになって、その時点から5年経たないと時効が成立しなくなるんだよ。

何十万円とある借金のうち、たった千円を返済しただけでも、その時点から時効が5年後になってしまうので注意しなければなりません。

実際に返済をしなくても、電話やメールでお金を借りたことを認めただけで時効は振り出しに戻ってしまいます。

住民票の開示請求

住民票の開示請求が可能なのも借金から逃げ切って踏み倒すのが難しい理由のひとつです。

住民票の開示請求とは

住民票は本来は本人または家族にしか写しを取得できないものですが、特別な事情があるときには他人の住民票の開示を認めてもらうことができます。

貸したお金を返してもらうということも、正当な理由の一つとして挙げられます。

債務者が夜逃げをしてどこにいるかわからない時に、住民票の開示請求をすると住民票を移した先がわかってしまいます。

住民票を移さずに逃げている場合は追いかけることはできませんが、住民票を移さないと家を借りるのも難しくなります。

そのため、住民票を移しているケースが多く、連絡がとれなくなった債務者については住民票の開示請求をして追いかけているのです。

いつまでも追いかけられてしまうのでついには疲れてしまい、時効まで逃げ切れないということになりがちです。

まとめ

借金を踏み倒すためには時効を成立させて所定の手続きをすることが必要です。

時効まで逃げ切ることができれば確かに借金の返済義務はなくなりますが、実際にはかなり難しいので注意しましょう。

貸主は「債務の承認」「住民票の開示」などあらゆる方法で債権回収をします。

そのため時効成立まで逃げ切るには肉体的にも精神的にも大きな負担になります。

どうしても借金の返済が出来ない場合は、まず司法書士や弁護士に相談してみるのが得策です。

以下のボタンから飛べる記事では債務整理におすすめの司法書士・弁護士事務所を12紹介しています。口コミや費用などを見ながら一度専門家への相談を検討してみましょう。

\安心の事務所が見つかる!/

※無料で相談ができます

債務整理におすすめの司法書士・弁護士事務所3選
1.平柳司法書士事務所
平柳司法書士事務所_債務整理ページ
『平柳司法書士事務所』

債務整理や後払い現金化業者など闇金対応の口コミがよく、依頼している人も多い司法書士事務所です。
全国対応しているのでどこにお住まいでも依頼することができます。

評価
料金 相談料:いつでも0円
任意整理:1件あたり4万4,000円(税込)
闇金対応:1件あたり4万4,000円(税込)
営業時間 電話・メール24時間365日受付
※メールだけでも相談可能です
2.司法書士エストリーガルオフィス
司法書士法人エストリーガルオフィス
『司法書士法人エストリーガル』

エストリーガルオフィスでは、1件の借り入れでも債務整理を受け付けています。
柔軟な対応をしているので、他の事務所で断られた人でも安心して相談することができます。

評価
料金 任意整理:債務者2件まで1件あたり3万3,000円(税込)
債権者3件以降1件あたり2万2,000円(税込)
過払い成功報酬:22%(税込)
事務手数料:一律9万9,000円(税込)
営業時間 平日:9時~21時
※メール相談24時間受付
3.アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務事務所
『アヴァンス法務事務所』

アヴァンス法務事務所は、払いすぎた利息を取り戻す「過払い金請求」に力を入れている事務所です。
借入業者の書類が残っていなくても手続きをすすめてくれるので、安心して相談できます。

評価
料金 任意整理:着手金1件あたり4万4,000円/減額報酬0円/別途事務手数料
個人再生:着手金36万3,000円(税込)/実費4万円程度
自己破産:着手金22万円/成功報酬7万2,000円/実費4万円程度
営業時間 平日:9:30~21:00
土日祝:9:30~19:00
※メール相談24時間受付

もっと見る>>

今オススメの弁護士・司法書士をチェックする!