債務整理

【最新版】家族が勝手に借金をしていた!?その時家族ができる対処法まとめ

ある日突然、家族に借金があることが判明する。

ドラマでよくある話ですが、日本各地の様々なところで現実に発生している話です。

さて、家族が借金をしていた場合、どのようなことができるでしょう?

ここでは問題解決のために家族ができる対処法をまとめました。

ドラマみたいな話だけど実際にあるんだよね・・・。でも対処法があるんだよ!

家族が家族自身の名前で借金をしていた場合

ここでご紹介するのは、家族が自分自身の名前で借金をしていた場合です。

例えばご夫婦の場合、配偶者が配偶者自身の名前で借金をしていたケースを想定してお読みください。

債権者(業者)の確定

まずは、どの業者から借りているのかを確定しましょう。

確定する方法には様々ありますが、以下の2つがもっとも確実です。

  • 固定電話にかかってきている電話番号から業者を調べる
  • 郵便受けに届く督促状などから業者を推定する

多くの場合、支払いが遅れている相手には電話なりで督促を行うのが一般的です。そのため、電話番号から調べるのが一番手っ取り早いかもしれません。

郵便の場合は本人がうまく隠してしまっている可能性があるからです。

借金総額の確認

業者が確定したら、借金がどれくらいあるのかトータルを確認しましょう。

借入総額を確認して、返済能力を明らかに超えている場合は借金の救済制度を利用するのが重要です。

そうしない限り、延々と督促や取り立てが続くことになります。家庭のバランスも悪化の一途を辿ることでしょう。

借金に困ってる人で多いのは自分の借金総額を把握してないパターン!これは後々大変なことになる可能性が高いよ・・・。

どれくらい遅れているかの確認

返済がどれくらい遅れているか確認するのは、とても重要なことです。

なぜなら1ヶ月程度の遅れであれば最悪のケースは免れるのですが、3ヶ月~半年以上など長期間にわたって返済が遅れていると貸金業者から裁判を起こされる可能性があります。

裁判が起こされると、基本的には負けの判決が出ることになります。逆転勝訴はまずありえません。

結果的に給料や自宅の財産が差し押さえられる可能性も出てきます。

そうならないためにも、まずはどれくらい返済が遅れているかを確認します。

方法としては、例えば裁判所からの訴状が届いていたり、業者からの督促状が届いている場合には、内容を確認することでいつから返済がなされていないのかチェックできます。

ただし、家族間とはいえプライバシーの問題もあります。本人からの了承が取れるまではあくまでも「室内に残されている開封済みのもの」だけを確認するようにしておきましょう。

貸付自粛依頼

依存症レベルで借り入れが止められない場合、またはギャンブルなどで際限なく借金をしてしまう場合には、これ以上借金ができないように個人信用情報機関へ申告をすることができます。

これは「貸付自粛依頼」といい、申告そのものは家族でも行えます。

このコメントが入っている人から借金の申し込みがあった場合、最終的には業者が判断することにはなるものの、基本的には審査に通過できなくなります。

お金を借りたくても審査が通らなければ借りられませんので、まずはこれ以上の被害の拡大を防ぐことができるでしょう。

借金の救済制度を教えてあげる

もう一つ家族にできることがあります。

それが、借金減額の救済制度が存在することを教えてあげるということです。

借金の救済制度と言うと「自己破産」が真っ先に思い浮かびますが、自己破産にはデメリットも多く、また言葉の強さから実際に踏み出せる人はそこまで多くありません。

事実、自己破産をすると生活に様々な支障が起こります。

しかし、最近は自己破産以外にも「任意整理」という方法があります。

任意整理の制度自体は昔から存在したものですが、最近は様々な事情で仕事を失う人も多く、利用者が急増している制度です。

家計が急変して、自己破産するまでもないが支払いが厳しく、取り立てにも疲弊してしまっている…。そんな時には任意整理を使うのがよいでしょう。

ただ、残念ながら、任意整理には自己破産ほどの効力はありません。

借金がチャラになるのではなく、「3年から5年かけて今の借金を無理なく返していこう」というのが制度の趣旨だからです。完済したい人におすすめの制度です。

とはいえ任意整理の対象なら、取り立ては最短即日でストップ。今月の支払いもひとまず気にしなくてよくなるよ!

司法書士などの国が認めた代理人が間に入って業者と交渉を行う間は、返済がストップできるからです。

なお、任意整理の対象であるかどうかは、こちらの減額チェッカーを利用すると確認できます。

\たった1分で終わる!/

※家族にバレずに診断できます

司法書士事務所が出している減額チェッカーですので安心して利用できます。

しかも、借金に困っている人が多いという社会的な事情を考慮しているのか、減額チェッカー自体の利用代金は完全無料です。

今すぐにどれだけの借金が減額できるかを確認できますので、まずはこちらのチェッカーを利用するのがよいでしょう。

まとめ

家族の借金が判明した時は、大きなショックを受けることでしょう。

しかし、今から一緒に踏ん張れば、必ず明るい未来が見えてきます

まずはその第一歩として、借金の減額チェッカーを利用してみるところから始めてみませんか。

とにかく1円も損することはありませんので、一度試してみると良いでしょう。

また、別の手段があるとすれば借金の減額が可能な「債務整理」を検討してみると良いでしょう。

債務整理について詳しく知りたい方は、下のボタンから解説記事とおすすめの事務所12社を比較しながら見ることができます。借金に困っているのであれば、一度目を通してみてください。

\安心の事務所が見つかる!/

※無料で相談ができます

債務整理におすすめの司法書士・弁護士事務所3選
1.平柳司法書士事務所
平柳司法書士事務所
『平柳司法書士事務所』

債務整理や後払い現金化業者など闇金対応の口コミがよく、依頼している人も多い司法書士事務所です。
全国対応しているのでどこにお住まいでも依頼することができます。

評価
料金 相談料:いつでも0円
任意整理:1件あたり4万4,000円(税込)
闇金対応:1件あたり4万4,000円(税込)
営業時間 10時~20時(日・祝日除く)
※メール相談24時間受付
※メールだけでも相談可能です
2.司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉グループ
『司法書士法人みつ葉グループ』

借金について悩みを抱えているなら、債務整理専属チームがある司法書士法人みつ葉グループに相談!
秘密厳守なので会社や家族に知られず解決が可能です。メディア出演・出版実績もあるオススメの事務所。

評価
料金 任意整理:1件あたり5万5,000円~(税込)/過払い報酬:返還額の22%(税込)
個人再生:基本報酬33万円~(税込)
自己破産:基本報酬33万円~(税込)
営業時間 平日:9時~21時
土日祝:12時~21時
※メール相談24時間受付
3.司法書士法人かなめ総合法務事務所
司法書士法人かなめ総合法務事務所
『司法書士法人かなめ総合法務事務所』

借金が減らない、生活が苦しい、家族や会社にバレたくないなどの悩みを解決してくれるのが司法書士法人かなめ総合法務事務所です。司法書士との面談は最短即日!

評価
料金 任意整理・事項援用:1社あたり2万2,000円~(税込)
完済過払金請求:着手金無料/成功報酬1社あたり2万2,000円(税込)/過払報酬22%
営業時間 平日:9時~18時
※メール相談24時間受付

もっと見る>>

今オススメの弁護士・司法書士をチェックする!