借金コラム

【ジャンル別】クレカの督促、実際厳しいのはどこ?対処法も解説します

「クレジットカードの支払いが遅れそう!」という方は、まずこの記事をご覧ください。

クレカの督促は会社によって対応の厳しさがまちまちです。

実際、厳しいのはどこでしょう?

結論から言えば、最も厳しいのは銀行系のクレジットカード会社です。すぐに裁判を起こす傾向にあります。また外資系には、ほとんど闇金のような口調で強い取り立てをしてくる会社もあります。

ここでは、クレジットカードの督促について実際厳しい会社はどこ?というテーマで・・・各ジャンル別に各社の厳しさや取り立ての特徴についてまとめています。

あわせてクレカの支払いができない時の対処法もご紹介していますので、確認していきましょう。

クレカの支払いで困っている人はここから無料相談!

【ジャンル別】クレカ督促の厳しさと特徴まとめ

【ジャンル別】クレカ督促の厳しさと特徴まとめ
クレジットカード督促の厳しさと特徴をまとめました。

なお前提として、クレジットカード会社は以下のような分類に分かれます。

各ジャンルの代表的なクレジットカードを表にまとめたよ!
銀行系 三井住友カード・ジェーピーバンクカード・mufgカード・みずほマイレージクラブカード・その他地域の銀行提携クレジットカード
流通系 楽天カード・セブンカードプラス・エポスカード・イオンカード
信販系 オリコカード・セゾンカード・ジャックスカード・セディナカード
通信系 ドコモdカード・aupayカード・YahooJAPANカード
外資系 アメックス・ダイナース
その他 ACマスターカード

ここでは上記の前提で、各ジャンルのクレジットカードの督促の特徴や厳しさについてご紹介していきます。

銀行系

入会審査が厳しい印象のある銀行系カード。支払督促もまた厳しいのが特徴です。

ただし督促は強い口調で取り立てられるというイメージではありません。

毎月の引き落としが遅れた場合、比較的早い段階で強制解約になり、またすぐに裁判手続きへ移行する印象の方が強いでしょう。

限度額も大きめに設定されているだけあり、強制解約になるとダメージの大きいクレジットカードの一つです。

流通系

普段のお買い物で使うショッピングセンターやショッピングモール系列のクレジットカードです。

こちらは入会審査が銀行系ほど厳しくはなく、普段使いができるカードとして人気です。また各種自動車払いも流通系クレジットカードを組み合わせる事でポイント還元が受けられるなど、使い勝手が良いので生活に紐付けられている方も多いでしょう。

支払い遅れの対応や督促については銀行系よりもやや厳しい印象で、約束したことを違えてしまうとその事をまず質問されるようなイメージです。

質問というより電話口で詰められる感じだね・・・

信販系

もともとクレジットカードの元祖的な存在です。信販会社が行なっているクレジットカードは審査に通過しやすく、また限度額でも比較的大きく出る特徴があります。

それだけバンバン使ってもらってバンバン回収する!というビジネススタイルが確立していると言えるでしょう。

こちらは支払いに遅れたり督促が来た場合でも最初はある程度柔軟に対応してくれます。これは信販会社としてのノウハウが確立しているからと言えるでしょう。

少なくとも銀行系のようにすぐに裁判手続きを起こすような事はありません。ただし限度があるので、1か月以上の延滞はいつ裁判になってもおかしくはありません。

電話対応は一般的な受付チームはさほど厳しくありません。ただし一度専門部署に回されてしまうと、ドラマに出てくるような「金貸し」が出てくるケースがほとんどです。

今すぐ取り立てを止めたい場合はここから無料相談!

通信系

通信系プロバイダーが発行しているクレジットカードや、電話会社が出しているクレジットカードが該当します。

こちらは督促がかなり厳しいことで知られています。

支払いが遅れて強制解約になると、ライフラインとして使っている電話やインターネット契約まで巻き込んで強制解約になるケースが多く・・・生活へのダメージは甚大と言えるでしょう。

また携帯電話料金の回収や督促に慣れている回収チームが同じノウハウを使ってクレジットカードの返済遅れを回収するというスキームです。

「某大手電話会社のクレジットカードの督促は、闇金の取り立てに近いものがある」とは、様々な所で昔から語り継がれています。

外資系

外資系のクレジットカードは、日本国内のクレジットカード会社とは少し毛色が異なります。

そもそも外資系クレジットカードは極めてランクが高いカードがほとんどで、いわゆる経営者や年収1千万円以上の人が持つクレジットカードというイメージがあります。

一応断っておくけど、例外も当然あるよ!

つまり返済遅れになることや、支払いができなくなることが最初から想定されていないカードと言い換えることもできます。

ということで、督促は信じられないほど厳しいと評判です。

特にA社は担当さんによって、比較的すぐ警察とか詐欺っていうキーワードを出す人もいるみたいだね。結構、被害相談が多いよ!

こちらに関しては自力で交渉しようとはせず、いち早く速やかに代理人を入れた方が良いでしょう。

債務整理の無料相談はこちらから!

その他

消費者金融が提供しているクレジットカードもあります。具体的にはアコムが提供するACマスターカードです。

こちらは消費者金融のアコムから極度型契約でお金を借り、その極度額をそのままクレジットカードの限度額にするという方式の少し珍しいクレジットカードです。

つまりアコムからお金を借りる代わりに、限度額付きのクレジットカードを借りるっていうイメージだね!

こちらの督促に関しては言わずもがなです。

まあ、サラ金だしね・・・。ただ、あくまでも僕の個人的な感想だけど、さっき出てきた外資系クレジットカードのA社はアコムよりも取り立てが厳しいと思うよ。相談をくれる人達の深刻度が、アコムとA社では全然違うんだ。

\24時間無料相談受付中/

※手持ち0円でも解決できます

厳しいクレカの取り立て(督促)、対処法は?

厳しいクレカの取り立て(督促)、対処法は?クレジットカードの取り立てはジャンルごとに厳しさが異なります。ただし状況が悪化すればするほど、どのジャンルのクレジットカード会社も厳しい対応を取ってくることが予想されます。

ここでは支払いが厳しい時にその場しのぎではあるものの・・・ひとまず取りうる対策についてご紹介します。

払えない時は払えないと伝える

まず払えない時には払えないと、きちんと伝えることが重要です。払えるあてもないのに払います・払えます。と言ってしまうと、後から裁判でも不利になってしまいます。

また払えると言って時間を稼ぐのは簡単です。しかし後から、さらに詰められることになります。

支払い意思があることは伝える

支払い意思がないと伝えてしまうと、状況によっては詐欺罪で告発されるケースもゼロではありません。

そこで支払い意思があるなら、そのことを明確に伝えることが重要です。

時効援用を目指されている方は支払い意思や支払うような素振りを見せてはいけません。

あくまでも、初期延滞や現在進行形の債務に関しては強制解約やその他のリスクを避けるため、支払意思を有していることを主張するのが重要です。

どうしてもダメなら任意整理

最終的にこの方法に行き着きます。どうしても駄目なら任意整理しましょう。

任意整理は自己破産より効力が弱い債務整理の方法です。しかし取り立てはストップし、3年から5年かけて借金を返済していくための返済計画を代理人の先生と一緒に立てていくことができます。

月々無理のない金額で返済できるケースが多いため、自己破産よりも任意整理の方が適しているケースもあるほどです。

他の事務所と比較してみたい人は、こちらの記事もチェックしてみてね!
後払い現金化に強い司法書士・弁護士事務所14選を見る≫

まとめ

まとめクレジットカードの督促はジャンルによって厳しさが異なります。一番厳しいのは銀行系、そして常軌を逸したレベルで取り立てしてくるケースもあるのが外資系です。

しかしどのカード会社も支払いが遅れると、最終的には裁判や強制執行などが待っています。

支払いが難しい場合は、ひとまず支払いの意思があることを伝えておき、後の交渉は司法書士や弁護士にお任せするのが得策でしょう。

\24時間無料相談受付中/

※手持ち0円でも解決できます
債務整理におすすめの司法書士・弁護士事務所3選
1.平柳司法書士事務所
平柳司法書士事務所_債務整理ページ
『平柳司法書士事務所』

債務整理や後払い現金化業者など闇金対応の口コミがよく、依頼している人も多い司法書士事務所です。
全国対応しているのでどこにお住まいでも依頼することができます。

評価
料金 相談料:いつでも0円
任意整理:1件あたり4万4,000円(税込)
闇金対応:1件あたり4万4,000円(税込)
営業時間 電話・メール24時間365日受付
※メールだけでも相談可能です
2.司法書士エストリーガルオフィス
司法書士法人エストリーガルオフィス
『司法書士法人エストリーガル』

エストリーガルオフィスでは、1件の借り入れでも債務整理を受け付けています。
柔軟な対応をしているので、他の事務所で断られた人でも安心して相談することができます。

評価
料金 任意整理:債務者2件まで1件あたり3万3,000円(税込)
債権者3件以降1件あたり2万2,000円(税込)
過払い成功報酬:22%(税込)
事務手数料:一律9万9,000円(税込)
営業時間 平日:9時~21時
※メール相談24時間受付
3.アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務事務所
『アヴァンス法務事務所』

アヴァンス法務事務所は、払いすぎた利息を取り戻す「過払い金請求」に力を入れている事務所です。
借入業者の書類が残っていなくても手続きをすすめてくれるので、安心して相談できます。

評価
料金 任意整理:着手金1件あたり4万4,000円/減額報酬0円/別途事務手数料
個人再生:着手金36万3,000円(税込)/実費4万円程度
自己破産:着手金22万円/成功報酬7万2,000円/実費4万円程度
営業時間 平日:9:30~21:00
土日祝:9:30~19:00
※メール相談24時間受付

もっと見る>>

今オススメの弁護士・司法書士をチェックする!