借金解決エピソード

【女性の借金体験談①】仕事のストレスで買い物依存に!30代女性が借金地獄から解放されるまで

「借金の返済が辛い、何とかしたい・・・。」

そんな悩みを抱えているのは、あなただけではありません。

あなたと同じように、借金に悩み、苦しみ、もがき続けた女性達がいます。

ここではそのうちの一人・Aさんに、
借金問題に苦悩した日々を語っていただきます。

どんな状況を、どんな方法で解決できたのか。
あなたを救うヒントが隠れているはずです。

体験者のプロフィール
  • 性別 : 女性
  • 職業 : 介護士
  • 年齢 : 30代
  • 借入数:5社
  • 借入額: 170万円

仕事のストレスで買い物依存。誰にも言えず借金が膨らんだ

30代女性、介護士です。

収入は月に手取りで18万円。

介護の仕事でストレス解消で、ヴィトンのバッグや、エルメスの時計など、ブランド品を借金して買いあさり、返済地獄に陥りました。

最初はなんとか返済はできていたのですが、正直、最近はシンドイ。

毎月お金を返済しても、借入元金は一向に減らず

ただ、利子を返済する日々・・・。

気がつくと、いつもお金の心配ばかりしてしまって、どうにかなってしまいそうでした。

さらに悪いことに、体調を崩して勤め先の介護施設を退職

その結果、ついに返済することができなくなり、債権者から督促状や電話が毎日のように来るようになりました。

相談できる人や頼れる人も身近におらず、一人でもがき苦しみました。

借金をなくしたい!人生のやり直しを決めたけれど・・・

そんな時でした。
借金減額について書かれたサイトを見つけたのです。

「借金をゼロにして、人生をやり直したい!!」

意を決して司法書士の先生に相談し、着手金9万円を払い、結果を待ちました。

すると、債権者から裁判を起こされ、そのまま敗訴。

支払い命令が来てビックリ!

借りたお金は返すことは当たり前ですが、新聞や雑誌、ネット上には、借金から解放された人の声も多数あります。

「借金が減額された」
「過払い金が返ってきた」

この言葉を信じていた私にとっては、とても残念な結果でした。

ましてや司法書士には手数料も払っているのに・・・!

諦められずに司法書士に相談!債権者との和解が成立

どうしても納得できなかった私は、とある法律事務所に相談しました。

この時点での私の債務状況は以下のとおりです。

体験者のプロフィール
  • アコム 30万円
  • プロミス 30万円
  • 住友カード 50万円
  • ライフカード 30万円
  • セゾンカード 30万円

計170万円

状況を説明したところ、債務の減額と免除は厳しいとのこと。

しかし、こちら側に間違いなく返済する意思があることから、返済が終了するまでの金利については免除されるという条件のもと、和解に至りました。

これならもっと早くに相談に来ていればよかった。
つくづく後悔しています。

まとめ:借金のない生活って素晴らしい!

今現在、生活を立て直している真っ最中で、質素ながらも借金のない生活の素晴らしさをしみじみと実感しております。

もし、借金で頭を抱えて悩んでいる方がいましたら、直ぐにでも法律事務所へ足を運び、専門家に相談することをオススメします。

今回は大変珍しい事例をご共有いただきまして、ありがとうございました。

何が珍しいのか、ですか?
「一度、債務整理に失敗している」というところです。

それも、債務整理に失敗しているというよりは「そもそも司法書士選びに失敗している」という部分がとても印象的です。

今回にケースは、言葉を選ばずに言えば、「極めて悪質な司法書士に引っかかってしまった」のではないかと推察されます。

理論上、任意整理はあくまでも「任意交渉」ですから失敗するリスクも確かにあります。

自己破産などのように法的な強制力があるわけではないためです。

しかし、実務上で任意整理に失敗するケースはさほど多くはありません。

今回のように、着手金を支払い司法書士の対応待ちで、いきなり裁判を起こされるというケースはほぼ考えられません。

考えられるとしたら、着手金だけ受け取り、司法書士が何もしていなかったというケースです。

私も話には聞いたことがありましたが・・・現実にそのような被害に遭われた方の体験談は初めて接しました。

おそらくは、金融業者と「グル」だったのではないでしょうか。

普通はここまで追い込まれてしまうと人間不信に陥ってしまい、次の専門家への依頼も躊躇してしまいます。

心が折れてしまうのがほとんどです。

しかし今回の体験者さんは、きちんとセカンドチャンスを狙ってまっとうな専門家へのご依頼に至りました。

悪質な司法書士や弁護士の存在についてはここでは深くは触れませんが、このようなケースも体験談ベースとしては存在するということを、ご理解いただきたいと思います。

同時に、闇金チックなところや大手消費者金融ではない小規模の金融業者の取り立てにお悩みの方は、ご自身で司法書士を探されたほうがよろしいでしょう。

詳細はここには掲載できませんが・・・そういった少々ラフな対応をする業者から紹介される司法書士や弁護士と、ご自身が見つける口コミなどがきちんと揃っている有名な司法書士・弁護士に依頼するのでは、結果が大きく変わる可能性は否めません。

諸事情でちょっと表現は変えますが(笑)、「あなたが消えて喜ぶような人たちに、あなたの船のオールを任せてはいけない」という歌がありますが、本当にその通りだと思います。

特に多重債務状態になると、判断力が鈍って業者から言われるがままに行動してしまうケースが多いです。

こういったことにならないよう、常日頃から相談すべき専門家の情報を集めておくというのも一つの選択肢と言えるでしょう。

今オススメの弁護士・司法書士をチェックする!