借金コラム

督促の手紙はいつくるの?家族にバレないように処理する方法を紹介

借金を滞納してしまうと督促状が届くことになりますが、いつ頃になると届くのかが気になっている人もいるでしょう。

手紙が来てしまうタイミングを見計らって何とか手紙を自分で手に入れ、家族にバレないようにしたいと考えている人も少なくありません。

督促の手紙はいつ頃届くものなのでしょうか。その実態について簡単に解説した上で、家族に知られてしまわないための方法について紹介します。

督促の手紙はいつ頃になったらくる?

借金を滞納していると、貸主が債権を行使して回収しようと考え、裁判所で手続きをして督促状を発行してもらうように働きかけるのが一般的です。

このような事態になって、督促の手紙が届くのはいつ頃なのでしょうか。

クレジットカード会社からの督促

クレジットカード会社から督促状が届くのは、支払いを滞納し続けてから2ヶ月から3ヶ月経過した頃というのが一般的です。

クレジットカード会社に支払いができなかった場合、数日後にはクレジットカードを利用できなくなってしまいます。その時点では特にクレジットカード会社から連絡がこないかメールで催促がある程度のことが多く、支払いをすると自動的に利用を再開できるようになるのが通例です。

そのまま放置していると、数週間から一ヶ月で電話か手紙による支払いの催促をする連絡が届きます。この時点ではクレジットカード会社としてはまだ支払いを忘れているか、少しトラブルがあった程度だろうと考えてくれています。

しかし、それでも支払いがないと支払能力がない可能性が高いと判断し、一ヶ月から二ヶ月くらいでカードを強制解約されてしまいます。そして、最終的には差し押さえになる督促状が届くことになってしまうのです。

消費者金融からの督促

消費者金融から借り入れをしていて滞納した場合にも、タイムスケジュールとしてはクレジットカード会社の場合と似ていて、およそ2ヶ月から3ヶ月で裁判所からの督促状が届くのが一般的です。

ただ、消費者金融の場合には、支払日の数日後には電話や書面で連絡が来ることが多くなっています。一ヶ月くらい経過しても支払ってくれないときには、自宅に訪問して取り立てを行ったり、頻繁に電話をかけて請求したりすることがほとんどです。

そして、二ヶ月くらい経過すると一括請求の通知が届くようになり、最終的には差し押さえを伴う督促状が届くことになってしまいます。

督促の手紙が家族にバレない方法とは?

このように、督促の手紙は滞納を始めてから2ヶ月から3ヶ月で自宅に届きます。

支払いの催促という意味では、数日から一ヶ月の間に郵送されてくる可能性が高いですが、どのようにすれば滞納をしていることを家族に知られずに済むのでしょうか。

すぐにできることを二つ解説するので、今何をすべきなのかをよく考えてみましょう。

請求書などの郵便物をオンラインに切り替える

手紙による連絡が極力来ないようにするのがまず打つことができる手です。

クレジットカードや消費者金融のサービスとして、連絡を全てオンラインにするものがあります。郵送で請求書を送ってもらえるようになっていることがよくありますが、オンラインでマイページから確認できるようにしたり、メールで通知してもらったりする選択肢も選ぶことが可能です。

この選択をしておくことによって、督促の手紙もまずはメールで届くようになるのが一般的です。返事がない場合にはメールを見ていない可能性が高いと判断されて、自宅に郵便物が届くようになることも多々ありますが、まずは督促が始まるタイミングを見極められるという点で有効な方法でしょう。

最終的な督促状は郵便で届くので、完全に回避できないことは念頭に置いておく必要があります。

支払いができないならプロに相談する

本当に支払いができないような状況になってしまったときには、プロに相談して対応を考えるのが得策です。

支払いができない場合には最終的には督促状が届いてしまい、財産を差し押さえられてしまうので、家族にも確実に知られることになります。それ以前にできる打開策を提案してもらえるのが、プロに相談するメリットです。

弁護士や司法書士に相談すると「債務整理をしたらどうか」と提案してくれる場合が多いでしょう。任意整理をして借金を減らしたり、自己破産によって負債をなくして生活をやり直したりすることができます

ただ、債務整理を選択をすると、家族に借金滞納を知られてしまうことは否めません。その前に何ができるかについてもプロとして考えて提案してくれるので、まずは相談を持ちかけてみるのが良い方法です。

まとめ

クレジットカードの支払いや消費者金融のローンの返済が遅れてしまうと、二ヶ月から三ヶ月で督促状が届いて強制執行による財産の差し押さえが行われてしまいます。

滞納を始めた数日後から一ヶ月後くらいを目安に郵便物による督促が行われることが多いので、家族に知られないためにはこのタイミングを見極めて対策をするのが大切です。

ただ、支払えない状況になっているなら遅かれ早かれ家族にバレる可能性が高いので、早めにプロに相談して解決を目指すようにするのが賢い選択でしょう。

今オススメの弁護士・司法書士をチェックする!