債務整理

消費者金融からの電話!固定電話にかかってくる?

消費者金融から突然自宅の固定電話に連絡があると、何事があったのかと不安になってしまうことがあります。

どのようなときに消費者金融から電話がかかってくることがあるのでしょうか。代表的な状況を確認して、自分の場合には何が目的の電話なのかをよく考えてみましょう。

消費者金融からの電話!用件はなに?

消費者金融から電話がかかってくるときには、どのような用件のことがあるのでしょうか。

消費者金融からの電話は、大きく分けて二つのパターンが考えられます。

サービスのご案内
返済金の督促

どちらの可能性が高いか、自分なりに考えて判断してみましょう。

消費者金融からの電話①サービスのご案内

消費者金融から電話がかかってくるパターンとしてよくあるのが、その消費者金融が提供しているサービスの案内です。

近年では消費者金融からカードローンなどの融資に関する電話勧誘はあまり行われなくなってきました。無理やりな勧誘によって半ば強制的にカードローンに申し込まされてしまうようなトラブルがしばしば起こっていたからです。

しかし、消費者金融としては何とかして利用者を確保したいという思いもあるので、電話勧誘を全くしないとは言い切れません。また、融資とは関連のないサービスの案内のために電話をかけることもあります

一方、既に利用している消費者金融からは新しいサービスやローン商品の紹介の電話がかかってくることがあります。現在利用しているローン商品に比べてメリットがある場合には何度も電話をかけてくることもないわけではありません。

特に販促のキャンペーンなどでお得に利用できる期間は、サービスの勧誘の電話がかかってくることが多いと考えておきましょう。

消費者金融からの電話②返済金についての督促

消費者金融を利用しているときに電話がかかってくるパターンとして、もう一つ考えられるのが返済に関するものです。

今月の支払いを忘れてしまっていたり、実は長期にわたって滞納をしていたりする場合には、返済金についての督促の電話がかかってくることがあります。

ローンは返済を正しく続けていくことを前提にして融資を受けられる仕組みになっているので、返済の遅れは遅延損害金の支払いをしなければならない違反事項です。

たまたま入金を忘れてしまっただけですぐに対応すれば、遅延損害金の支払いをしなくて済むこともあるでしょう。しかし、いつまでも対応しないでいると高い金利で遅延損害金の支払いをしなければならなくなります。

その後も電話による督促があり、最終的には財産の差し押さえをうけることになる可能性もあるので注意しましょう。その前にきちんと支払いをできるようにするのがまず大切です。

消費者金融から固定電話にかかってくる?

消費者金融から電話がかかってくるときには、サービスの案内でも返済金の督促でも固定電話にかかってくるのでしょうか。もしかしたら携帯電話にもかかってくるのではないかと思う人もいるでしょう。

可能性としては、どちらもあり得ます。

消費者金融からの電話は、申込時の契約書に記載した電話番号にかかってきます。したがって、契約書に固定電話と携帯電話の両方の番号を記載しているのであれば、どちらにも電話がかかってくる可能性があります。

ここからは、消費者金融からの電話について一般的な事情を簡単に紹介するので参考にして下さい。

固定電話だけでなく携帯電話にも

消費者金融を利用しているときには、登録のときに記入した電話番号にかかってくるのが原則です。固定電話だけしか記入していなかった場合には固定電話にしかかかってきませんが、携帯電話番号も記入した人には携帯電話にかかってくることがよくあります。

特に固定電話に電話をかけると家族につながってしまい、本人の意思にそぐわない結果になってしまうこともあるでしょう。家族に知られたくない人が多いことを考慮して、携帯電話にまずはかけるという消費者金融も多くなっています。

このような事情は督促の場合だけでなく、サービスの案内の場合も同様です。

繋がらない場合には勤務先にも

滞納をしている人の場合、消費者金融から電話がかかってきても出たくないと思うでしょう。

しかし、消費者金融としては何とかして本人と連絡を取って返済をしてもらわなければなりません。そのため、あらゆる連絡先を活用して本人と直接連絡を取れるようにしようと考える傾向があります。

固定電話や携帯電話に連絡をしても繋がらないようなときには、勤務先に連絡をすることもあるので注意しましょう。

その場合は、消費者金融の名前を出さずに本人に繋いでくれるようにお願いしてくれることがほとんどなので、同僚や上司などに知られることはまずありません。しかし、職場に電話がかかってきてしまうと否が応でも出なければならなくなってしまいます。

その前に固定電話か携帯電話で出てしまった方が、職場でどのように回答をしていったら良いかで悩んでしまうこともなく、状況が悪くならなくて良いでしょう。

まとめ

消費者金融からの電話は、その消費者金融が提供しているサービスの案内の場合もありますが、滞納をしているときには返済金に関する督促の電話のことがほとんどです。

まずは本人の携帯電話にかけて直接連絡を取ろうとしてくれるのが一般的ですが、繋がらない場合には固定電話にもかかってきます。勤務先にすら電話がかかってくることもあるので、早い段階のうちに自分自身で直接受けておくようにした方が安心です。

事態が悪化してしまう前に適切な対応を取るようにしましょう。

今オススメの弁護士・司法書士をチェックする!