借金コラム

借金取りが夢にでるほど追い詰められたときの対策法とは?

借金が大きくなって取り立てられるようになってしまうと、借金取りが夢に出てくるほどに精神的に追い詰められてしまうこともないわけではありません。

いつも頭から借金取りのことが離れなくなってしまっていて、苦しいというときにはどうしたら良いのでしょうか。

借金取りに憑りつかれてしまったかのような状況に陥ったときに、どのような対策ができるのかを理解しておきましょう。

借金取りが夢に!追い詰められた時の対応方法


借金取りが夢に出てくるような状況になって心身ともにきつい状況になった場合には、どのように対応すると良いのでしょうか。

これから本当に借金取りがやってくる可能性があるかもしれないことを考慮して、やるべきことを考えてみましょう。

借金で不安がある部分を洗い出す

借金取りが夢に出てくる状況は、借金に関わる不安が募っていることを意味します。まずは状況を整理して、どのようなことが不安になっているのかを洗い出してみましょう。

「借金を何とか返済できているけれど、生活が苦しくなってきて支払いが難しいと感じている」
「滞納しているローンがあって、いつ督促されるのかがわからなくて心配になっている」
「払い忘れてしまったことがあって督促の手紙が届き、支払いをしたけれどいつ追加請求をされるのかが不安になっている」
「初めて多重ローンを組んでいる状況になって、先行きに対する不安が募り始めた」

・・・など、様々なケースが考えられます。

これは心配だと思うことをリストアップしていき、まずは借金取りがやってくるような状況になり得るのかどうかを整理するのが肝心です。

消費者金融などへ対応する

借金の不安を整理することができたら、消費者金融などの借り入れをしている機関に個々に対応をしましょう。

例えば、たまたまうっかりして返済を忘れてしまったから明日にも借金取りがやってくるかもしれないと不安になっているなら、すぐにその場で返済をしてしまえばトラブルのリスクを低減させることができます。

それで消費者金融などが納得してくれれば督促の連絡すら来ないで済むでしょう。遅れてしまったことを詫びる一報を電話やメールで入れておくと対応が良くなる可能性もあります。

一方、現在の返済額が大きくなり過ぎていてどうしようもないときにも、連絡をしてみるのが良い方法です。事情を説明すると猶予を設けてくれたり、返済計画の調整をしてもらえたりすることがあります。

お金を貸している立場から考えると、返済してもらえないよりは支払いが遅れたとしても全額を回収できる方が良いでしょう。そのため、前向きに返済可能な計画を考えてくれることも多いのです。

借金取りが現実だった時の対応

借金取りが夢だと思っていたら、実は現実だったときにはどうしたら良いのでしょうか。

滞納を続けていると確かに借金取りがやってきて厳しい取り立てに遭うリスクがあります。その状況から何とかして抜け出したいと思ったら何ができるのでしょうか。

ビジネスホテルなどに一時避難も有効

借金取りがやってくると精神的にもかなり追い詰められてしまい、自宅にいても心が落ち着かなくなりがちです。

冷静さを失ってしまって余計に状況を悪化させてしまう可能性が高いので、ビジネスホテルなどに一時的に滞在して落ち着いて判断できる環境を整えましょう。それから自分の借金の状況を整理したり、何をすべきかをリストアップしたりして行動を起こしたほうが、うまく解決の方向に向かえる可能性が高まります。

焦って何かをしようとするよりも、まずは落ち着くことを優先して一時退避を考えてみましょう。

法的な専門家に相談

借金取りに追われている状況から抜け出すには、法律に詳しい専門家に相談するのも効果的です。

法的な専門家として借金に関わるトラブルに対応できるのは、弁護士や司法書士です。借金の問題への対処方法としてどんなものがあるかを教えてくれるだけでなく、任意整理や個人再生などを行えるようにしてくれます。

債務整理をすれば借金額を減らせる可能性が高いことに加え、債務整理をする決断をした時点で借金取りからの催促を止めてもらうことが可能です。借金取りがやってこない状況で自宅にいられるようになるだけでもかなり心身の負担が小さくなるでしょう。

まずは本気で借金の悩みを解決したいという気持ちを持って法的な専門家に相談してみるのが良い方法なのです。

まとめ

借金取りに追い詰められている状況になってしまったときには、どのようにして解決すべきかをよく考えるのが大切なのは確かです。

状況整理をして具体的に何をすべきかを考えるのは必須ですが、一人で悩まないようにしましょう。

既に気持ちが追い詰められてしまっているので冷静さを失っている可能性が十分にあります。どのような対応方法があるのかもわからない状況で考えても正しい選択ができるとは限りません。

法的な専門家である弁護士や司法書士に相談し、自分が置かれている状況を整理しつつ、どのような対応をしていくかを明確にしていくのが最も安心な方法でしょう。借金取りが本当にやってきたときだけでなく、夢に出てきた段階のときにも効果的なので前向きに検討してみましょう。

今オススメの弁護士・司法書士をチェックする!