借金コラム

借金の取り立ては家族でも関係ない!?別居している家族も取り立てにあうのか紹介

借金に追われていると、取り立てが家族にまで影響を及ぼすのではないかと心配になる人もいるでしょう。

自分が負っている債務なのに、家族にまで迷惑をかけたくないと考えていることもあれば、家族に知られてしまいたくないという思いが強いこともあります。

借金の取り立てに、家族が関係することはあるのでしょうか。この記事では実態について触れた上で対応方法について簡単に紹介します。

借金の取り立てに家族も巻き込まれる?

借金の取り立ては家族にも影響を及ぼしてしまうことはあるのでしょうか。

まずは大原則がどうなっているのかを理解した上で、原則に従わないケースがあるのかどうかを解説します。

家族に取り立ての手が回ってしまうことがあるのかどうかを正しく理解しておきましょう。

通常は家族への取り立ては禁止

借金の取り立ては家族にまで手が及んでしまうことは、原則としてあり得ません。

お金の貸し借りの契約は個人が行うものであって、生計を一にしていたとしても家族が責任を負うことはないのが基本だからです。

家族であっても一人一人は個人として認められていることから、個人情報を家族に伝えることは業者側にもできません。そのため、借金をしていて契約をしている事実を家族に伝えられてしまうことすらないのです。

ただ、闇金の場合はこのような法律を無視するのが一般的で、家族にまで取り立ての手が及んでしまうリスクがあるので注意が必要です。

また、契約をしたときに家族が保証人または連帯保証人になっている場合は、その人に対しても取り立てが行われます。

借金の保証人や連帯保証人の場合は要注意

家族が借金の保証人や連帯保証人となっている場合には、原則が覆されるので注意しましょう。

この場合には借金の返済についてその家族が責任を負うことになります。「通常保証契約」か「連帯保証契約」かによって追わなければならない責任に違いが生じ、取り立てのあり方も変わるので注意しましょう。

通常保証契約の場合:
お金を借りている本人が返済できる資金を持っているにもかかわらず返済を拒否した場合には支払いを拒むことができます。
連帯保証契約の場合:
上記のようなような抗弁はできず、業者は本人と連絡が取れないようなときにでも連帯保証人に請求をすることが可能です。

また、返済額についても保証人であれば複数の保証人がいると頭割で支払えば良いだけです。しかし、連帯保証人は複数いたとしても全額を1人で負担させられることもあります。

このようにして比べてみると連帯保証人になるのはかなり責任が大きいことがわかり、家族への負担も重大なものになるとイメージできるでしょう。

親族の保証人または連帯保証人だった場合

では、親族が保証人や連帯保証人になっているときには、どのような状況になるのでしょうか。

既に保証契約の違いによる責任の負い方の差を簡単に説明しましたが、具体的に確認しておきましょう。

債務者の代わりに返済しなければいけない

保証人や連帯保証人の場合には、債務者の代わりに借金の返済をする義務が発生します。

ただ、保証人か連帯保証人かによって権利関係に違いが生じます

検索の抗弁権

債務者が支払い可能な場合に保証債務について拒否できる権利です。保証人の場合には認められますが、連帯保証人の場合には認められません。主張するには弁護士などと相談して法的に有効な証拠を集めて提示することが必要になります。

催告の抗弁権

催告の抗弁権も保証人の場合には認められる権利で、債務者にまずは債務回収を行うべきだと主張できるのが特徴です。連絡が取れないなどの理由で催告を保証人に対して先に行ったときに抗弁できます。

分別の利益

保証人の場合には、分別の利益も受けることができます。保証人の頭割りで支払い額が少なくて済むのが特徴で、例えば200万円の負債について保証人が4人いれば1人あたりは50万円になります。

支払いが苦しいときの対応方法

支払いがどうしても難しくて苦しくなったときには、どうしたら良いのでしょうか。

そもそも生活費や食費すら賄えないような状況になってしまっているのなら、借金の取り立ての影響が家族に及ぶだけでなく、生活そのものが立ち行かなくなってしまいます。今週の生活ももはや難しいという状況になっているのなら、すぐに対応をしましょう。

最も効果的な方法として、司法書士や弁護士に相談することが挙げられます。本サイトのトップページにあるプロの相談先に連絡してどうしたら良いかを聞いてみましょう。

借金に追われている状況から解放される道筋を提示してもらえるので、今後の生活に光が見えてきます。

→トップページはこちら

まとめ

借金の取り立ては原則として家族にまで広がってしまうことはありませんが、保証人や連帯保証人になっている場合は例外です。

連帯保証人なら債務者と同等の義務を負うことになるので、かなり厳しい負担を強いることになります。保証人の場合には色々な権利が認められるため負担は小さくなりますが、それでも家族関係が悪くなる原因になりかねません。

支払いが苦しいときにはすぐに司法書士や弁護士に相談して解決を図るようにしましょう。

今オススメの弁護士・司法書士をチェックする!