後払い・ツケ払い現金化

後払い(ツケ払い)現金化のはじめ方

後払い(ツケ払い)現金化というのをご存知ですか?

最近「●●現金化」という言葉を色々と目にしますが、後払い(ツケ払い)現金化はそのような違法性がある現金化ではなく、一つの決済サービスとして登場しました。

ここでは後払い決済サービスを使った現金化とは一体どんなものなのかを徹底的に解説しますが、まずは最初のステップとして、

そもそも後払い決済サービスとは何か
どうしたら後払い決済サービスを利用できるか

について説明していきたいと思います。

いろいろな”現金化” があるのね。後払い現金化ってどういう事なんだろう?
ツケ払い現金化というのは、給与ファクタリングやクレジットカード現金化とは違って全く違法性のない現金化の方法だよ。

 

後払い(ツケ払い)現金化とは

後払い(ツケ払い)現金化とは、クレジットカードではなく後払い(ツケ払い)ができる決済サービスを利用して商品を購入し、それを転売して現金化する方法です。

これはいわゆる『転売』ですが、個人での転売は難しいため、それを専門に行ってくれる買取業者も存在します。

商品の転売自体に違法性はなく、後払い(ツケ払い)現金化についてもまったく違法性のない現金化方法です。

後払い(ツケ払い)ができる決済サービスとしては、

  • GMO後払い(ツケ払い)
  • ZOZOTOWN(ツケ払い)
  • 楽天ペイ後払い
  • Paidy

などが知られていますが、これはほんの一部に過ぎません。

最近は多くの大手通販会社や金融サービスが、クレジットカードでもなくプリペイドカードでもない新しい決済方法として後払い決済サービスを取り入れています。

クレジットカード決済

クレジットカードは金融信用の元にクレジットカード会社が立て替えてくれる決済サービスです。クレジットカード会社から使った分の請求が翌月届き、それを利用者が支払います。

プリペイドカード決済

プリペイドカードは金融信用は必要ないですが、利用者がカードに入金、あるいは、最初から入金されたカードを購入し、その金額分だけを利用する決済サービスです。

金融信用があって、なおかつ安定した収入があるような人なら、基本的にどれを利用しても問題ないでしょう。

しかし、金融信用がないブラックの人はクレジットカードは所有できませんし、現金が手元にない人はプリペイドカードも持てません。

これだけキャッシュレスが進む世の中で、クレジットカードもプリペイドカードも適さない人は、通常の生活をしていくのも困難です。モノを買いたくても、お金がなくて買えないのですから。

そうしたブラックな状況の人達に救いの手を差し伸べるサービスとして登場したのが、後払い(ツケ払い)決済サービスなのです。

後払い(ツケ払い)現金化をはじめるには?

後払い(ツケ払い)現金化って違法性もなく、お金がない時の救世主になりそう!どうやったら始められるんだろう?

後払い(ツケ払い)現金化をはじめるにあたって、特別に用意するものなどはありません。

通販会社の決済で後払い決済サービスを選択するだけです。

後払い決済サービスは利用者が後払い決済サービスと契約するのではなく、後払い決済サービスを利用する販売店(通販など)が後払い決済サービス会社と契約を結び、利用者に向けて用意する決済サービスですので、利用者は買い物をする際のお支払い方法の一つとして選択するだけで利用することができます

従来の支払い方法といえば、

  • 現金払い
  • クレジットカード払い
  • 代引き

この3つが一般的ですが、これらはいずれも”今現在”お金がある人しか利用ができないサービスです。

しかし「今はお金がないけれど、どうしてもこれが必要だ!」というものもあるでしょう。

そんな時に後払い決済サービスを利用すれば、先に商品を購入でき、後から送られてくる請求書で支払いをすることが可能となります。

何か商品を購入した時に「コンビニ払い」という支払い方法を目にしたことがあると思いますが、それが後払い決済サービスです。

現在はこの方法がさらに進化して、クレジットカードやプリペイドカードといった形で存在しています。中でも有名なのが、後述する「バンドルカード」です。

また、それまで特定の通販会社の決済時にしか使えなかった後払い決済サービスですが、最近はどこでも利用なサービスになりつつあります。

後払い決済サービスをバンドルカードを例に説明

バンドルカードは、バーチャルとリアルが存在します。

バンドルカードバーチャルとは

バンドルカードバーチャルは、その名のとおりバーチャル型のカードで、自分専用に割り振られたカード番号をインターネット決済で利用することができます。

通常、インターネット上でカード決済をする時はカード番号を打ち込むだけで、店舗での買い物のようにカードリーダーに読み込ませたりQRを読み込ませたりはしません。

それを想定してバンドルカードも自分専用のカード番号がアプリ上で割り振られ、決済時はその番号を入力します。

このバンドルカードバーチャルは、いわゆるスマホ決済とは違います。

スマホ決済

スマホ決済はクレジットカード番号をスマホに登録して利用する方法で、スマホ画面上のQRコードやバーコードをリーダーに読み込ませて決済を行います。つまり、スマホ決済はクレジットカードがなければ行えません。

バンドルカードバーチャル

バンドルカードバーチャルにはQRコードやバーコードが存在しません。スマホ画面上に、自分専用のカード番号が記載されたクレジットカードのようなカードが表示されるだけです。

そのため一般的なスマホ決済のQRやバーコードリーダーでは使えず、あくまでもネット決済で利用できるカード番号ということになります。

バンドルカードリアルとは

バンドルカードバーチャルの欠点を補ったのが、バンドルカードリアルです

こちらは実際のクレジットカードのようなカードで、申し込み時に自己申請すると手元に届きます。これがあると、実際の店舗でもバンドルカードを使って決済できるようになります。

上の画像を見ていただくとわかる通り、バンドルカードはVISA決済となるので、VISA利用可能店舗ならどこでも決済が可能です。

しかし、このバンドルカードリアルはクレジットカードではないので、利用時には少し注意が必要です。

事前チャージが必要
場合によっては利用できない事もある

え!事前チェージが必要ならプリペイドカードと同じじゃない!それに使えない事もあるってどういうこと?
そうだよね。でもこれが “後払い決済サービス”なんだよ。クレカでもない、プリペイドでもない。その説明をするね

実際の現金がなくてもチャージができる

プリペイドカードを利用する際には、

  1. 現金で金額相当のカードを購入する
  2. 自分で入金する

このどちらかが必要ですが、いずれにしても現金が必要なことであり、手元に現金が乏しい時は利用できません。

一方、バンドルカードは後払い決済サービスなので、現金を使わない方法も含めて様々な入金方法が存在します。

入金方法は大まかに分けると次の5つです。

  1. バンドルカードチャージ
  2. 携帯代金上乗せチャージ
  3. 現金チャージ
  4. ビットコインチャージ
  5. クレジットカードチャージ

バンドルカードチャージ

バンドルカードの発行元が先に立て替えてチャージする入金方法です。

立替えてもらった分は翌月の期日までに支払えばOKなので、今すぐ現金がなくてもチャージ分を利用する事ができます。

携帯代金上乗せチャージ

自分が使用している携帯決済を利用するチャージです。

利用分が携帯代金に上乗せされるので、翌月の携帯代金として支払うことが可能です。

現金チャージ

こちらは通常のプリペイドカードと同様に現金が必要です。

コンビニのATMからバンドルカードにチャージします。

ビットコインチャージ

ビットコインを実生活に利用できるように、バンドルカードのチャージにもビットコインが使えます。

ビットコインなので、現金は必要ありません。

クレジットカードチャージ

通常のクレジットカードでの決済で、利用分が翌月のクレジットカード代として請求されます。

クレジットカードがあるのにわざわざバンドルカードを利用する意味があるのか?と思うかもしれませんが、クレジットカードだとどうしても使い過ぎてしまうという人には、決められた金額しか使えないバンドルカードが向いています。

このように、バンドルカードは後払い決済サービスだけではなく、さまざまな決済方法が選べるカードです。

公共料金の支払いなどには利用できない

バンドルカードは通常のクレジットカードではないので、利用できない場合もあります。

利用できないのは主に次のケースです。

  • 定期払いカードの利用
  • 公共料金支払い
  • 公共交通機関支払い
  • 携帯代金支払い
  • ガソリンスタンド

なぜガソリンスタンドがNGなのかわかりませんが、このように利用できないケースもあるので完全なるクレジットカードの代用品にはなりません。

後払い(ツケ払い)現金化のはじめ方 まとめ

ここではバンドルカードを例に後払い決済サービスを説明しましたが、通常の通販サイトでは支払い方法として選択するだけの後払い決済サービスもあります。

バンドルカードには金融信用審査がないので、ブラックの人でも申し込みさえすれば即日手に入れることが可能です。ブラックリストに掲載され、現金も乏しく、今必要な物が買えない・・・という人には、まさに夢のような決済サービスだと言えるでしょう。

ただし、公共料金や携帯電話料金の支払いにはバンドルカードは利用できません

また、期日までに支払いをしなければ即利用できなくなるので、きちんと払えるぶんだけの利用制限を心がけましょう。

こうした後払い決済サービスを利用した転売は、もっとも安全な現金化の方法と言えます。

ただ、問題は、その商品が売れるのかどうか。

そこを確実に現金化する方法が、今注目されている後払い(ツケ払い)現金化です。

そちらは別記事にて詳しくご説明していますので、ぜひそちらもあわせて読んでみてください。

↓即日現金化の方法はこちら↓

 

今オススメの弁護士・司法書士をチェックする!