経費精算ファクタリング

経費精算現金化!経費精算ファクタリング会社atomとは?

経費精算現金化って何??経費精算ファクタリング??なんだろ??
ホントにいろいろあるよね。経費精算現金化は借金ではないので金利や利息がないサービスなんだよ。

経費精算ファクタリングという現金化の方法

 

経費精算ファクタリングとは?

経費精算ファクタリングとは、勤め先の会社に請求する交通費や通信費などの立て替えしている諸経費を、会社に精算する前に現金化するサービスです。

サラリーマンの方は、会社で出張に行く際などに交通費を一旦立て替えて、後から精算することがあると思います。

新幹線や飛行機代も決して安いものではありませんから、それを自腹で払うのは大変ですよね。

特に、金融ブラックでクレジットカードが持てない人は、その経費を捻出できないこともあるのではないでしょうか。

そんな時、一度立て替えた経費を清算前に現金化できるのが経費精算ファクタリングです。

この経費精算ファクタリングは、借金ではないので借入履歴に残らず、総量規制も関係ありません。ブラックリストに掲載されている人でも審査不要で現金化できるサービスです。

まだあまり知られていない現金化の方法ですが、今回はその経費精算ファクタリングを行っている会社「atom」について調べてみました。

経費精算ファクタリング会社 atomの特徴

 

経費精算ファクタリングを行う会社は給与ファクタリングとどう違うの?

これまでも述べてきた給与ファクタリングは、給料日よりも前にファクタリング会社に譲渡して資金を得るサービスのことです。

「貸金業にあたる」と金融庁が定めたため、法外な手数料が違法と定められたため、利用することはNGです。

また、給与ファクタリング会社は闇金業者が運営していることが多く、その取り立ては常識の範囲を超えた苛烈なものであり、それに困った給与ファクタリング利用者が返済に追われて大変な思いをしたことも話題になりました。

債務トラブル119番
https://saimu119.net/2020/05/31/370/
借金問題は債務トラブル119番で即解決!
詳細はこちら≫≫

債務トラブル119番
1970.01.01

 

一方、経費精算ファクタリングはあくまでも ”経費” に着目したサービスで、給与ファクタリングとはまた違うものになります。

取り扱う会社自体もまだ少ない状態で、web上で検索してもなかなか情報が得られないのが現状ですが、その中でも代表的な経費精算ファクタリング会社が「atom(アトム)」です。

atomについては、今のところ『厳しい取り立てで困った!』という被害者の情報や『違法と確定』といった情報も見当たりません。

ブラックの人も借りられる
かんたんな審査のみ
即日現金化

というのが、経費精算ファクタリング会社atomの特徴のようです。

自己責任でご判断いただくのが前提でありますが、atomは金融ブラックでどうしても現金が足りずに困っているという人にも現金化してくれる経費精算ファクタリング会社なので、利用しやすいサービスなのではないでしょうか。

経費精算ファクタリングの流れ

では、経費精算ファクタリング会社atomでは、どういう流れで経費を現金化するのでしょうか。

経費精算ファクタリングは借金でないため、CICなどを利用した金融信用調査は行われません。

厳しい事前審査は行われませんが、簡単な審査はあるので、ご自身が経費現金化をする権利があるかどうかをを調べる必要があります。

経費精算ファクタリング会社atomへ申込み

経費精算ファクタリング会社atomのホームページの申込みフォームより申込みを行います。

対面申し込みではなく携帯からでもサッと依頼することができるので手軽ですが、フォーム送信後に経費精算ファクタリング会社の担当者から電話がかかってくるため一度は電話対応が必要です。

その際には、以下の内容について簡単なヒアリングが行われます。

  • 勤め先に関する情報
  • 氏名・住所
  • 毎月の給与額
  • 他社利用歴
  • 金融機関からの借入金額
  • 希望買取金額
  • 資金用途
  • 在籍確認の要望
結構手間がかかりそうね。どのくらいの時間、いろいろ質問されるの?
こうして並べると質問項目が多いように感じるけど、実際は5分くらいの電話で終わるよ

また、この後に必要書類を添付して提出しますが、それらについて事細かにヒアリングされる事はありません。

経費精算ファクタリング会社としても、身分のわからない人や経費の立替という用途から逸脱した人には現金を用意できません。電話でのヒアリング内容や書類提出はそのための確認資料となります。

経費精算ファクタリングで必要な書類

経費精算ファクタリングで必要な書類は、以下の通りです。

1.顔写真付き身分証明書(運転免許証・マイナンバーカード等)
2.健康保険証
3.給料振り込みが確認できる銀行口座の入出金履歴
4.給料明細(直近2ケ月分)
5.各経費の領収書や経費精算書
6.身分証明書と共に撮影した自撮り写真

審査&現金化

経費精算ファクタリングの審査は最短5分です。

すぐに審査結果が分かり、審査に通った人には電子契約書が送られてくるので、そちらに署名して返送したら終了です。

送金はご自分が指定した口座に振り込まれます。ここまでの時間も、わずか15分程度です。

送られてきた契約書に返済期限が書いてあるので、その日までに返済してください。

ここまでの流れで、経費精算ファクタリング会社に訪問する必要もありませんのでファクタリング会社に入るところを誰かに見られて状況がバレてしまう、なんて心配はありません。

すべて携帯・PCで完結するので、とても素早く現金化ができる方法です。

経費精算ファクタリングは借金ではない!


経費精算ファクタリングは借金ではないので、利子・金利などは発生しません。

その代わり、手数料として20%~が差し引かれます。

<例>10万円の経費精算があった場合

[経費精算金額 10万円]-[手数料 20%]
=[現金化される金額 8万円]

※返済額は10万円

はッ!振込み額は手数料20,000円を引かれた金額なのに、返済時は100,000円。
結局40,000円(40%)手数料として払っているじゃん!!

 

このカラクリにご注意を

これは貸金業として認められたら、かなり法外な手数料として違法の対象となるでしょう。

しかし現状では、経費精算ファクタリングは貸金業とは定められていません。

そして、どうしても現金が足りない。

あくまでも自己責任の自己判断で対応いただきたいのですが、経費精算ファクタリングはそんな時のために知っていると助かるサービスではないでしょうか。

経費精算ファクタリング会社atom まとめ

お申込みの流れでもご理解いただけたと思いますが、経費精算ファクタリング会社のatomはとにかく素早い対応が特徴で、簡単に即日現金化が可能なサービスとなります。

さらにweb上では、

どんな領収書でもOK
請求書でもOKだった

なんて情報も見つかります。

領収書や請求書がどんな内容かなんて、実際は細かく調べないみたいですね。

金融ブラックの人は、クレジットカードはもちろん借入もできませんから、急に現金が必要になって借りらる人もいない時に、経費精算ファクタリングという現金化サービスがあることで救われるのではないでしょうか。

ただし、先述した通り、経費精算ファクタリングは手数料が非常に高額です。

どうしてもお金が欲しい時は、欲しさのあまりに「どこかで稼げばいいや」と思うものですが、その“どこか“ですぐに稼げないからこそ、経費精算ファクタリングというサービスに着目したのだと思います。

経費精算ファクタリングを利用する際は、100%自己責任で対応してくださいね。

今オススメの弁護士・司法書士をチェックする!