債務整理

債務整理をすると自宅はどうなる?住宅ローン(任意整理・特定調停編)

 

債務整理をすると家はどうなっちゃうんだろう??
債務整理をするとブラックリストに自身の自己情報が掲載されること避けられないよ。
ブラックリストというのは債務者の個人情報が登録される機関だよ。

 

持ち家の人はここが一番心配なところではないでしょうか。

 

債務整理をすれば借金問題から解放される。
それはわかっていても、持ち家の場合、更には住宅ローンを利用している場合では、債務整理によってどのような影響を受けるのかとても心配と思います。

こちらの記事では、債務整理と住宅ローンの関係について解説しています。

 

債務整理における持ち家

 

人生の中で最も大きな買い物、それは住宅でしょう。

住宅購入には大きな金額が必要になるため、多くの方は住宅ローンを利用することになり、借金苦に陥ってはいても、住宅ローンはそのまま支払い続けていることでしょう。

そして、ここで持ち上がってくる問題が

債務整理で借金問題は解決したいけれど、住宅は手放したくない

という悩ましい思いなのではないでしょうか。

 

債務整理って、財産全部失いそうなイメージだけど・・・

では、住宅を手放すことなく債務整理で借金問題を解決することは可能なのでしょうか?
そこをご説明していきたいと思います。

その前に。
別記事にも書いているのですが、債務整理というものがどんなものかを理解しておくと、ここでの説明もスムーズに理解できるのではないかと思います。

 

債務整理とは・・・

債権者と直接交渉することで「借金返済額」と「返済方法」を決定し、双方和解の上で借金を返済していく方法です。

債務整理とは 債務整理とは、個人が抱えている債務(借金)を整理することでスムーズに債務の返済が行えるようにしたり、債務そのものを減...

債務整理は

  • 任意整理
  • 過払い金請求
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

という5つの方法があります。
それぞれ内容が違いますので、選ぶ方法によって自宅を手放す必要があるかどうかが変わってきます。

任意整理│住宅ローンに影響しない

 

任意整理では、複数の債権者がある場合に任意の債権者を選んで任意整理して、残りの債権者への借金は従来通り返済し続けるといった方法を選択できます。

これは債権者平等という原則が働かないためで、住宅ローンだけを外して他の借金だけを任意整理することが可能 です。

したがって、

任意整理では住宅ローンを支払い続けさえすれば住宅を手放す必要がない

ということで、住宅ローンに影響が及ぶことはありません。

 

任意整理│住宅ローン債権者を対象者にしてはいけない

上記の方法なら住宅を手放す必要がありませんが、住宅ローン債権者を任意整理の対象者とした場合では、住宅は「競売」で売却され、住宅ローンを一括で支払わなくてはなりません。

その上住宅を失うことになりますので、よほどのことがない限り任意整理においては住宅ローン債権者を対象としないことが望ましいでしょう。

住宅ローン以外に多額の借金があって、任意整理でも問題が解決できそうもない場合では、他の債務整理方法を検討する必要性が高くなります。

 

任意整理│ローンを長期滞納して代位弁済や競売していたら住宅を失う可能性

これまで住宅ローンを順調に返済しているなら問題はありません。

しかし、住宅ローンの長期滞納で保証会社が代位返済している場合は、任意整理を利用したとしても住宅ローンを元の状態には戻すことができません。

『滞納』という状態を放置していると住宅を失う可能性が高くなるということです。

住宅ローンを長期滞納していると自動的に競売手続きが開始されますが、この手続きを止めることはできないため注意が必要です。

なお、以下でご紹介する個人再生手続きを利用すれば、住宅ローンを元の状態に戻すことができます。

 

特定調停│住宅ローンに影響しない

 

任意整理と特定調停はどう違うんだろう??
特定調停とは
簡易裁判所を通し、債権者と債務者が今後の借金返済について交渉で返済金額を決めていく方法です。

任意整理と類似しており、債権者からこれまでの取引履歴を開示してもらい、借金をした当初にさかのぼって返済額を計算をします。

計算によって減額された元本を今後の返済とし、分割して返済していくことになります。

ただし、必ずしも債権者が協力的ではなく、簡易裁判所ごとの調停基準が定まっていないため、任意整理のような原則としてカットされる調停成立までの期間の遅延損害金や調停成立後の利息(将来利息)を支払わなければならない場合があります。

特定調停は、簡易裁判所で債権者と直接対話をして解決を目指す方法で、債権者と債務者の間には調停委員が入ります。

そして、今後の返済額と返済方法の見直しを行って返済を続けることになります。

これに基づき、住宅ローンについてご説明していきます。

 

特定調停は任意整理同様

特定調停もまた任意整理と同様に、調停の対象となる債権者を自由に選べます。

つまり、住宅ローン債権者を特定調停の対象に選ばなければ、住宅ローンが影響を受けることはないということです。

 

代位弁済や競売では住宅を失う可能性

任意整理と同様、住宅ローンを長期滞納している場合では住宅ローンを元に戻すことができません。

そして、代位弁済や競売の手続きが開始されている場合、放置によって住宅を失う可能性が高まります。

つまり、個人再生の手続きを行って住宅を守る必要があるということですね。

まとめ

任意整理と特定調停は債務整理の種類が大変いていますので債務整理における、住宅ローンへの影響も同じ内容となります。

債務者の自分自身次第・・・ということです。

任意整理・特定調停の対象に住宅ローンをするか、しないか。

詳しくは、司法書士、もしくは弁護士に相談してみてください。

しっかり教えてくれるはずです。

今オススメの弁護士・司法書士をチェックする!